~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうもじめパパです
7月10日は参議院議員通常選挙投票日ですこの選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下がりました選挙権年齢の引き下げは実に70年ぶりこの歴史的な選挙、みなさんも棄権することなく投票に行きましょうねぇ
6月1日に那珂川の鮎釣りが解禁になりました当初は水量が少なく苦戦していたようですが、ここ最近はだいぶ水量も増えてきているようです休日ともなれば、県内外から多くの太公望が那珂川を訪れ、天然鮎を狙いますそれにしても、糸がからまっちゃうんじゃないかってくらい、人がいますねでも、それだけ那珂川は人を惹きつける力があるということです
DSCN6337.jpg

ぼくは釣りはやりませんが、そんな人も那珂川の恵みを楽しむことができますそれを求めて道の駅ばとうにあるレストランばとうに行ってきました昼時ともなると、駐車場は満車状態が続きます
DSCN6326.jpg
那珂川の恵みと言えば、なんてったって鮎ですよねぇ塩がまぶされ炭火で焼かれたあの香ばしい匂いはたまりませんというわけで、鮎の塩焼き定食(1,250円)をいただきま~す
DSCN6317.jpg
ジャ~ン
DSCN6318.jpg
ジャ~ンどうです
DSCN6321.jpg
ジャ~ンこっちの角度もうまそうでしょう
DSCN6322.jpg
アツアツ、ホクホクあまりのうまさに、思わずうなってしまいます
ちょうど鮎の塩焼きを食べ始まったとき、斜め前に座っていたおじいちゃんが、キンキンに冷えた生ビールをそれはそれはおいしそうに飲んでいました今度来るときは、ドライバーをキープして、ビールと鮎の塩焼きを楽しみたいと思います

以前、高瀬のやなの「鮎めし」を紹介しましたが、やっぱりこれが那珂川飯だと思いますねぇぜひ、那珂川町にお越しの際は、鮎を食べてみてくださいねあ、今年も8月15日に鮎のつかみどりが開催されることになったみたいですよ詳しくは町観光協会(℡0287-92-5757)に問い合わせてみてください

道の駅ばとうに、こんなポスターが貼られていました
DSCN6325.jpg
昨年から北向田若衆会と道の駅ばとうの共催で行われている武茂須賀神社宵祭が7月16日(土)に道の駅ばとうイベント広場で行われるそうです今年は町のふるさと大使にもなっている那珂良しラジオDJのShinlyこと奥津真理子さんや、DJ.Kこと菊地元男さん、ほかにも歌う海賊団やとちおとめ25などが出演するそうです。見て、聞いて、食べて、楽しんでください

道の駅ばとうには大型バイクを乗りこなすライダーもたくさん立ち寄っていましたやっぱり道の駅は、情報発信基地ですね
DSCN6329.jpg

Reported by じめパパ
2016.06.25 / Top↑
こんばんは
今日はとっても天気の良い、いや、良すぎる暑い日でしたね
例年、雨になることが多かったけど、今年は最高の晴天
先日ブログで告知した富山のほたる祭りに行ってきました
とみやまのほたる祭り

午後4時半過ぎに会場に到着すると、会場はたくさんのお客さんで賑わっていました
富山のほたる祭り

もともとホタルの多く飛び交う富山(とみやま)までホタルを見に来るお客さんに、もっとゆっくりしていってもらおうと始まったこのお祭り
年々地元の方のおもてなしじわじわ手厚くなってきています
今年も、地元の皆さんや有志の方によるおもてなしコーナーが去年より多くなっていました

まずは体験コーナー
富山のほたる祭り
提灯絵付けコーナー
子供たちが絵の具を使って提灯に思い思いの絵を絵付けしていました
出来上がった提灯は会場に飾られ、この後、暗くなってからライトアップされますおたのしみに~

富山のほたる祭り
穴山さんのバルーンアート
ワンちゃんや、ハチさん、剣やステッキなどを手早くバルーンで作ってくれて、小さいお友達にプレゼントしてくれました
動物のバルーンにはお目目のシールも貼ってくれて、本当に可愛かったですよ

富山のほたる祭り
花苗の無料配布
富山で育った花苗をプレゼント
また、富山の鷲子沢(とりのこざわ)地区ではラベンダーでも盛り上がりつつあります
リラックス効果、加齢臭予防効果もなどもあるラベンダーの香りも、こちらは販売ですが、ぜひ連れて帰ってみてはどうでしょう

富山のほたる祭り
他にも、段ボール遊びピザ焼き体験などもあり、明るいうちに来ても退屈せずに過ごせますね

お腹が減ってきたら出店も色々ありますよ
続いて、出店コーナー
富山のほたる祭り
富山バレー部のししまるカレーイノシシ肉のカレーです
毎週金曜夜7時半から武茂小学校体育館で新入部員募集

富山のほたる祭り
移動式石釜で焼き上げる本格ピッツァ
ピザ焼き体験も実施していました毎年行列のできる大人気のピザです

富山のほたる祭り
いか焼き
のれんも付けて雰囲気ばっちり網で焼くイカは焼き目もイ~カんじ

富山のほたる祭り
あゆの塩焼き
あ、今焼いているエビはまかないなのであしからず

富山のほたる祭り
焼きそば
男衆3人で鉄板で手早く焼き上げる焼きそばおいしそー

富山のほたる祭り
喉が乾いたらビールソフトドリンクもあるよ

富山のほたる祭り富山のほたる祭り
いわむらファームからは、おからドーナツコロッケメンチ
八溝のうんまいお蕎麦と、暑いこの日にピッタリかき氷

富山のほたる祭り富山のほたる祭り
富山野菜直売所からは新鮮お野菜が出張直売です

富山のほたる祭り
おでんおふくろの味、美味しく煮しまってます

富山のほたる祭り
焼き鳥焼いてる最中に『ハイチーズ』と言ったら『俺はチーズは嫌だ。バターがいいな!』と○○ギャグいただきました

富山のほたる祭り
町内のイベントではよく見かける、幻のレインボーアイス屋さんも来ていました

それから富山婦人部の作るお赤飯はすでに売り切れていました
そう、イベントは夜8時過ぎまで続きますが、出店には7時から8時の間にドッとお客さんが集まり、売り切れが続々発生してしまいますのでご注意くださいね

今年は富山ささら舞を紹介するコーナーもできました
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
諏訪神社の秋季例大祭であるささら舞は、毎年10月の第一日曜日、今年は10月2日(日)に開催されます
富山の押さえておきたい季節のイベントは、イワウチワほたる祭りささら舞ですよ

ほたる祭りの治安は松野駐在所が出張警戒して守ってくれています
富山のほたる祭り

さて次に、午後5時からはステージ発表がスタート
トップで登場したのはジャズグループのマウンテンエコーズの皆さんです
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
ジャズのお洒落なリズムにつられて体が踊りだしてしまいそう
富山のほたる祭り
と思ったら、観客の方がやっぱり踊り始めていました気持ちよさそう
今こうしてパソコンを打っていても最初に聞いた『A列車でいこう』が心地よく頭を流れています

続いては田口さんのマジックショー
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
田口さんはショーの間、トークは挟まずに次々とマジックを披露します
チャラララララ~♪チャラララララ~ララ~♪
タネやら仕掛けやらを考える間もなく、次々と出される不思議なマジックに引き込まれていきます

次は鷲子囃子(とりのこはやし)
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
さすが、お祭りといったらお囃子お祭りの雰囲気を更に盛り上げてくれました
笛や太鼓のトコトコトントコのいった軽快なメロディーに歩く足も軽くなります

続いてのぞみちゃんバンド
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
ベンチャーズを演奏するバンドです
お父さん世代の方に人気のナンバーですね

と、ここで長くなった陽も暮れ、あたりが暗くなってきたところで、昼間に子どもたちが絵付け体験で描いた提灯に火が灯されます
富山のほたる祭り
提灯のふんわりとした灯りが、アツくなった会場の中で、ホッと一息させてくれます

続いては、富山消防団によるご当地クイズ
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
ものすごくローカルな問題に一生懸命に頭を使う子供たち
最後まで残った子には大きなお菓子、参加してくれた皆には小さなお菓子がプレゼントされました

最後にトリをつとめてくれたのは、ハナフラスマイルの皆さん
富山のほたる祭り富山のほたる祭り
フラの音楽とゆったりとしたダンスに、だんだんと落ち着いた気持ちになっていきます
お祭りが終わってしまう少し寂しい気持ちと、これから見に行くホタルにはせる想い
心境としてはとてもリラックスした気持ちでした

富山のほたる祭り、このあとはホタル観賞会となり、お客さんはそれぞれホタル観賞のポイントへと徒歩や車で出かけていきました
富山のほたる祭り
ホタルの写真は?
すみません、ありません、私の技術じゃ・・撮れません

今年のほたる祭りは天気もよく、本当にたくさんのお客さんが来てくれました
ホタルは人を呼びますね
人間が『ホ~タル来い、こっちへ来い』と言って歌う童謡がありますが、実はホタルの方が『こっちへ来い』と言っているようです

富山ではあちこちホタルを見ることができます
今年は例年より多くホタルが飛び交っています
お祭りではない時でもぜひ富山に足を運んで、今の時期しか見られないホタル優しい光にぜひ癒されてください


すず
2016.06.18 / Top↑
こんにちは
梅雨ですね湿気でカラダが重たく感じる時期ですね
洗濯物も乾かなくて気持ちまで重たくなってしまいそうだったので、今年はすず家に衣類乾燥除湿機を仲間入りさせちゃいました
ぐいぐい湿気を取って、しっかりお仕事してくれています
冬は加湿していたと思ったら今は除湿していて、湿気って目に見えないけど存在感は大きいですね
家の中でも電化製品で日本の四季を感じています

さて、今度は外に出て季節を感じましょう
はい今年の『富山のほたる祭り』は今週の土曜日です
とみやまのほたる祭り
今年のポスターはお洒落な感じですね

ホタル富山を飛び交うのは夜7時頃から9時頃までですが、
ほたる祭り午後2時から開催されています

2時からは地元のみんなでたくさんの出店を用意してお待ちしています
IMG_0344.jpgIMG_0321.jpg
IMG_0353.jpgIMG_0325.jpg

5時からステージも始まります
ホタルの飛び交う時間まで手品、コンサート、お囃子などをお楽しみください
IMG_0368.jpgIMG_0415.jpg
IMG_0398.jpg ※写真は全て過去のお祭りの様子です

富山ではすでにたくさんのホタルが、優しい光を放ちながら、歌うように飛んでいます
ホタルが飛び交う時間の最後には、ある1本の木に集まり、クリスマスツリーのように光る光景も見られます

ホタルの光は癒しを与えてくれますね

今週末は那珂川町富山のほたる祭りで楽しい時間、癒しの時間をお過ごしください
IMG_0429.jpg

第10回 とみやまのほたる祭り
 富山多目的集会所 午後2時から(ステージ発表は5時から)
 (住所:栃木県那須郡那珂川町富山541-4)
2016.06.14 / Top↑
どうもじめパパです
5月に入って、夏のような日差しが降り注ぎますねまだ空気がカラッとしているから、気持ちいいと感じるけど、紫外線対策はきちんとしたほうがいいですよぼくはすでに田植えと栃木SC応援で、やや日焼けしましたが、ようやくここ最近日焼け止めを塗るようにしています日焼け止めもきちんと満遍なく塗ったほうがいいですねぼくは去年海に行ったとき、背中に塗るのにテキトーにやったらば、日焼けがまだら模様になってしまいましたみなさんも注意してくださいね

那珂川町で“石井君と星君”というと、そう彼らしかいませんね早稲田大学野球部石井一成君と、明治大学野球部星知弥君ですかつてのそよ風回覧板(2012.8.31夏の終わり)にも登場したことがありますよ
彼らは現在大学4年生歴史と伝統のある東京六大学野球の舞台でプレーしています2人は学童野球時代の小川那珂クラブ馬頭ラッキー小川中馬頭中作新学院高校宇都宮工業高校、そして早稲田大学明治大学と、実に10年以上ライバル関係にあります最上級生となった今年、石井君早稲田大学野球部の主将になりました昨年は全日本大学野球選手権を制するなど、めざましい活躍を遂げたチームを率います全国から選手が集まる中で主将に選ばれるわけですから、人望の厚さを感じます星君は、これまで速球を武器にクローザーとして活躍していましたが、今年から先発転向が噂され、実際に最初の東京大学戦で先発していますその後は中継ぎ、抑えでの登板が多いようです
そして、5月14日から、早明戦が組まれましたので、行ってきましたよ、神宮球場野球場はいつ来てもテンションが上がります
1
他大学の主将とともに、石井君も掲出されていますうれしいですねぇ
2_20160515062949c63.jpg
明治大学の先発は主将の柳投手星君の登板機会はないのではないかと予想し、早稲田大学のベンチ近くに陣取りました近い
3_20160515062949500.jpg
石井君は開幕以来、ずっと4番に座ります球場に着いたとき、ちょうど早稲田大学の練習でした主将なので、背番号は10番です
6_2016051506314893e.jpg 7_201605150631493b3.jpg
5_201605150631463a1.jpg 4_20160515063145393.jpg
明治大学のベンチ前を見たら、星君も練習していました背番号は11番です
8_201605150633257c2.jpg 9_20160515063326eb2.jpg
試合開始直前、お互いの応援席へあいさつ主将である石井君が先頭に立ってあいさつしますまだあどけなさが残ります
10_201605150634229ed.jpg 11_2016051506342334c.jpg
さぁ、早稲田大学の先攻で試合開始ですワクワクしますね
12_20160515063517941.jpg 13_201605150635193c5.jpg
明治大学の先発は、主将でプロ注目の絶対的エース柳投手今季もすでに4勝を挙げ、防御率は0点台抜群の安定感で好調のチームを率いますこの日も5回まで1人のランナーも許さずパーフェクト早稲田大学の攻撃陣はまさに手も足も出ないといった感じ
14_20160515063557b1f.jpg
ここ数試合当たりが止まっている石井君も、柳投手になすすべなしこの日は4打数ノーヒット打撃ではいい結果を残すことができませんでした残念
19_2016051506363494f.jpg 17_20160515063631d3e.jpg
16_20160515063630901.jpg 18_20160515063633be8.jpg
守備では、幾度となく訪れた守備機会をすべて無難にアウトにしていました送球も安定していましたし、石井君は上背もあるので、守っている姿はとても頼りがいのあるものでした
20_2016051506375428f.jpg 21_20160515063756ff4.jpg
守備から攻撃に移る際は、守備から戻ったナインのエンジンの中心に、主将である石井君がいて、ひと声かけています
22_20160515063833d3c.jpg
試合はというと、お互い先発投手が好投し接戦となりました先制したのは明治大学4回裏、4番牛島選手がレフトスタンドにソロホームランを放ちます6回表、それまで柳投手に完璧に抑えられていた早稲田大学は、先頭の7番木田選手がお返しとばかりにソロホームランで同点8回表、8番吉見選手が勝ち越しとなるタイムリーツーベースヒットを放ちますしかしその裏、3番佐野選手がタイムリーヒットを放ち再び同点9回裏、明治大学にサヨナラのチャンスがありましたが、中澤中堅手の好返球もあり、試合は2-2のまま延長戦に入ります
すると、明治大学背番号11がマウンドに上がる準備をしているではありませんかこれには驚きましたが、ぼくにとってはうれしいの一言電光掲示板に石井君星君の名前が掲出されます
27_20160515063909da2.jpg
星君は自慢の速球を中心にグイグイ攻めます最速152km/h早稲田大学のバッターはバットが空を切ります本当に勢いがありました
23_201605150639537fe.jpg 24_201605150639553bf.jpg
25_20160515063956c4d.jpg 26_201605150639585c5.jpg
11回表、早稲田大学は得点圏までランナーを進めますが、3番三倉選手が打ち取られますネクストバッターズサークルにいた4番石井君に回る前に攻撃が終了しました
15_201605150641045bf.jpg
11回裏、試合は突如として終わります4番牛島選手がこの日2本目となるソロホームランを豪快にレストスタンドに放ち、明治大学がサヨナラ勝ちを収めました
29_20160515064130156.jpg
とても締まった内容で、スコア以上に見どころ満載、充実した内容の試合でした直接対決の目前で終わってしまったことだけが悔やまれますが
東京六大学野球は応援もすごいです学ラン姿の応援団、チアリーダー、ブラスバンドを中心に現役の学生やOBなどが大きな声や手拍子で選手を鼓舞します
30_20160515064211762.jpg 31_201605150642124e7.jpg

試合終了後、バスに乗り込む2人に会うことができましたしかし、その表情は対照的負けた早稲田大学石井君はうつむき加減で口数少なめにバスに乗り込みました一方、今季初勝利を挙げた星君は、待ち構えたファンの方々と会話を交わすなど、晴れ晴れしい表情改めて、2人が勝負の世界にいるんだなと思いましたさらなる高みを目指すならば、この対照的な経験は、それぞれにとって不可欠だと思います今秋のドラフト候補にも挙がっている2人4年生となった今、周囲はますます期待感を膨らませていることでしょうそれに惑うことなく、時にはそれを糧にして、自分の野球をやってほしいです
春季リーグの早明戦は、15日(日)にも行われます早稲田大学が勝つと、16日(月)が勝ち点をかけた試合となります神宮球場、とてもいい球場ですぜひみなさんも、歴史と伝統のある東京六大学野球で活躍する那珂川町出身の2人を応援に行きましょう
DSCN0224.jpg DSCN0282_201605150642158f4.jpg

Reported by じめパパ
2016.05.14 / Top↑
どうもじめパパです
今年のGWは本当にいいお天気です町内にもたくさんの車が走っているのが見られますみんな楽しめてるかないったん6日は学校や仕事の日になりますが、週末は今年のGWの締めくくりみなさん最後まで楽しみましょうね

さて、まだ週末の予定が未定な方、ぜひ日本で最も美しい村・小砂に来ませんか
現在、小砂では、3年に1度の里山芸術の祭典『KEAT2016』が開催中です2013年春、まだ「日本で最も美しい村」連合に加盟していなかった小砂で、初めてKEATが開催されました地域もアーティストも手探り状態だったと思いますが、見事成功に収め、その年の10月に栃木県内では初めて、全国でちょうど50番目に「日本で最も美しい村」連合に加盟することができましたKEATの成功は、加盟に大きな好影響を与えましたその後、2014年と2015年には、KEA小砂環境芸術展が開催され、来る今年のKEAT2016に向けて着々と機運を高めてきました
KEAT2016のテーマは『地域を耕すアート』このアートイベントによって、これまで眠っていた“土壌”に光が当てられ、それを住民と作家が耕すことで新しい芽が顔を出しましたアートは少し難しいと感じる人もいると思いますが、その感じ方は人それぞれまずは、実際に見て、感じてほしい
KEAT2016には過去に参加した作家も多く出展しています作品を紹介しましょう

安齋歩見
KEATにおいて、作家らの活動拠点にもなっている旧馬頭北保育所の一室に作品が飾られています。その作品は、2年前、KEA2014に参加していたときに小砂で制作した作品だそうです。この保育所で行われていたであろう“かけっこ”を想像して制作したとのこと。
DSCN6204.jpg
DSCN6205.jpg DSCN6207.jpg

稲垣侑子
KEAT2013から毎年参加。2014年4月からは那珂川町地域おこし協力隊第1号として活動中。「土地ドレ」をテーマに作品を制作。昨年に引き続き、畑にラディッシュなどで模様を描く。
DSCN6253.jpg DSCN6255_20160506003333ca8.jpg

隅沙織
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。キャンパスを窓に見立て、巨大なタコがその窓からのぞいている様子を描く。5月7日にクロージングが行われる小砂コミュニティセンターに飾られている。
DSCN6237.jpg

田川岳
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。中国漢王朝時代に生きた蘇武に魅せられる。蘇武の壮絶な生涯から、「耐えろ」という言葉を表現する。馬頭西小の手前に建つ納屋に飾られている。
DSCN6248_20160506003520a00.jpg DSCN6249_20160506003522952.jpg
DSCN6250.jpg DSCN6251_20160506003525e49.jpg

田原唯之
昨年に引き続き、小砂地区コミュニティセンターからさらに奥に行ったところにある納屋の中で作品を制作。納屋の中には籾殻が敷かれ、使われなくなった農具が絶妙なバランスで配置されている。
DSCN6198.jpg DSCN6200.jpg
DSCN6193.jpg

玉田多紀
昨年に引き続き、馬頭西小の子どもたちとのワークショップで制作したダンボールを使った作品を展示。よろこびの森に飾られている。よろこびの森には、ブランコや竹のすべり台などもあり、気持ちいい雑木林の中でのびのびと遊ぶこともできる。昨年制作した巨大キノコも飾られている。
DSCN6186.jpg DSCN6182.jpg
DSCN6185.jpg DSCN6184.jpg
DSCN6188.jpg

八木麻里
KEA2014から参加。使われなくなった農機具に金属を溶接するという技法を用いる。彼女の明るいキャラクターも魅力。
DSCN6227.jpg DSCN6223.jpg
DSCN6215.jpg

渡邉透真
毎年、いろんな場所に絵を展示。今年は大谷石(?)でできた旧倉庫の中に作品が飾られている。
DSCN6217.jpg DSCN6218.jpg
DSCN6221.jpg

小砂には、昨年までの作品もあちらこちらに展示されたままになっていますよ部屋いっぱいのクジラぼくは昨年見逃した作品ですが、まだ飾られていたので今回見られてラッキーでした
DSCN6229.jpg DSCN6231.jpg
DSCN6228_201605060041030ec.jpg

KEAT20165月7日(土)まで5月7日(土)午後2時から、クロージングとして小砂コミュニティセンターで作品の審査発表などを行います参加作家も来ていますし、参加は無料となっていますので、ぜひ立ち寄ってみてください
またKEAT2016を楽しむ際は、まずは小砂焼の藤田製陶所か、道の駅ばとうにある那珂川町観光協会に寄って、ガイドブックを手に入れてくださいマップや作家紹介が書かれていますちなみにガイドマップに描かれている作家の似顔絵は、宇都宮メディアアーツ専門学校卒業の高山直也さんの作品です
DSCN6183.jpg DSCN6263_201605060045046cb.jpg
DSCN6235_20160506004502e90.jpg DSCN6241_2016050600450364d.jpg
また作品のあるところの近くには、黄色と黒でデザインされ『KEAT』と書かれた看板が立っていますので、目印にしてください
DSCN6189.jpg

小砂を含め、那珂川町は新緑の季節を迎えています現代アート作品とともに、どこか懐かしい里山の風景も楽しんでくださいね
DSCN6176.jpg DSCN6208.jpg
DSCN6201.jpg DSCN6244.jpg

ここのところ、日中は日差しも強く、アートめぐりをすると、少々疲れるかもしれませんその際は、日帰り温泉に立ち寄ったり、道の駅ばとうにあるアイス工房武茂の郷でジェラートを食べたりしてください
DSCN6258_20160506005257d3e.jpg生キャラメルとコーヒーのジェラート(^^)

Reported by じめパパ
DSCN6264.jpg
2016.05.05 / Top↑