~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさんこんにちは。
秋を愛する人は心深き人だそうです

てか、晩秋ですが、のはらは、冬が近づくにつれ、
だんだんとテンション下がります
たまに、四季って「春と夏を繰り返してればいいんじゃね?」って
本気で思います
それくらい冬が苦手です。
そんな私ですが、一年間で最も寒い厳冬に生まれました

話は変わりますが、現在馬頭広重美術館では、
写真展を開催中です
その名も
『吉村和敏写真展 -MAGIC HOUR 世界が最も美しく彩られる「魔法の時間」』です

のはらは実は、この展覧会をずっと楽しみにしていたんです
見たときは、感動がとまりませんでした
太陽系第三惑星「地球」の美しさがありとあらゆる程伝わってきます

DSC00346.jpg

さて、11月23日には、吉村和敏さんの記念講演会が行われました。
開演1時間以上前から、ファンの方達が集まり、あっという間に満員御礼

DSCN8418.jpg

吉村和敏(よしむらかずとし)さんは、長野県松本市の生まれで、
世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っています。
自ら決めたテーマを丹念に取材し、絵心ある構図と光や影、風を繊細に捕らえた
叙情的な作品は人気が高く、今その活動が最も注目されている写真家の一人なのです

DSCN8422.jpg

今回の講演会では、『MAGIC HOUR』と言う演題で熱く語っていただきました
DSCN8436.jpg DSCN8435.jpg
講演会終了後には、サインに長蛇の列…
DSCN8446.jpg
少しだけお話しましたが、吉村さんはとってもきさくで素敵な方でした
なんとなく女性のファンが多いのも頷けます

お恥ずかしながら、私は今回の展覧会があるまで
吉村和敏という写真家を知りませんでした。
美しいものを美しく撮るその技術はもちろんですが、
たくさんの作品が多くの人に愛されているその理由は
吉村さんの人柄なんじゃないかなと思います。
DSC00348.jpg
今回そんな吉村さんの“MAGIC”にかかった私もしそのうちの一人
写真集とカレンダーを購入してみました。
普段の美しい風景写真とは異なり、世界各国の小さな村に暮らす人々に焦点を当てて撮影した
『RESPECT』は特に私のおススメです
DSC00342.jpg
ちゃっかりサインも貰っちゃいました

「MAGIC HOUR」とは夕日が沈んだ直後から一番星が現れるまでの
わずかな時間のことを言うそうです
やわらかな光に包まれたこの時間にカメラを回すと照明器具などを使わなくても、
人物や風景が劇的に美しく撮れるとのことで…
047.jpg
私なりの“MAGC HOUR”撮ってみました
う~~~~~ん。20点!

ちなみに写真展は平成25年1月20日(日)まで開催中です
この機会に興味を持った方、聞き逃しちゃったよ~という人は、
平成25年1月19日(土)午後1時30分から
馬頭広重美術館視聴覚室研修ギャラリー
にて再び講演会を開催します
お話の内容も違うらしいので、2回聞いても楽しいですね

この機会にみなさんぜひ“吉村MAGIC”にかかりましょう~


下西のはら
スポンサーサイト
2012.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/90-108c0a10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。