~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

カラスの頭の良さは万国共通でしょうか?
こんばんは。のはらです。

最近、ブログは必ず1日遅れののはらです。
はい…自覚が足りませんスミマセン…

さて、梅雨明けが発表されました!
毎日、じりじりとお暑ぅ時期が続きます
そんなときに食べたいのがそう、精がでる「うなぎ」ですよね
いやぁ~しかし、今年はうなぎの高騰がすさまじいですねッ
うなぎ好きののはらにも痛い打撃となっております

ま、買ってダメなら見てどうでしょうか…ということで
ほい
010 (500x375)
平成うなぎ展ーうなぎの謎にせまる
2012 8月3日(金)~9月9日(日)
馬頭広重美術館

古くから日本では、うなぎを食べ、うなぎを愛でる文化があった一方で、うなぎの生態は長い間謎に包まれてきました。
今回の展覧会では、浮世絵はもちろん、東京大学の研究船「白鳳丸」のうなぎ探査の記録
昨年、馬頭高校で成功したうなぎの孵化の記録など最新の情報もあわせて展示します

↑のチラシをもっていけば入館割引が受けられます。
(キリトリ線がありますので、あらかじめ切り取ってお持ちください

8月13日(月)には『広重うなぎ祭り』として、
うなぎのタッチコーナーや、鮎の甘露煮の販売なども行いますよ~

そして…、なんとなんと、
8月4日(土)午後1時30分からは、
那珂川町商工会館

うなぎ研究の第一人者
東京大学大気海洋研究所教授『塚本 勝巳』さん
講演会が行われます~
こちらの方もぜひ~

でもやっぱりうなぎは食べたいよぉ~
という食いしん坊なあなた…
はい。こちら。
014 (500x375)
東海道五十三次 食の街道 宿めぐり
を開催しちゃいます☆
コンセプトは「東海道五十三次の江戸の様々な文化が花開いた宿場町を学びつつ、
その食文化に舌鼓をうっちゃおう!というなんとも愉快なイベントです

今回は、五十三次はじまりの地【日本橋】と【品川】をテーマに、
当時江戸で食されていたと思われる料理を再現してお召し上がりいただきます
うなぎもでるかも…
お申し込みは那珂川町馬頭広重美術館までですどうぞお早めに…




のはらの観察日記
016 (400x266)

005 (400x300)

007 (400x300)
ゴーヤだいぶ大きくなりましたよ
今ではすっかり、おうちの日陰になってくれています
あるかないかでは大違い
ゴーヤーも(チビながら)実りました

018 (250x166) 019 (250x166)
ひまわりは2本だけ鉢植えに、
残りは地植えにしました
これでみんなのびのび大きくなれるかなぁ~
ひまわりみたいな女の子になりたい…


下西のはら
スポンサーサイト
2012.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/47-cd299c96