~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
梅雨に入り、天気に恵まれず困っているたー坊ですが、今回は、那珂川町は和見地区にあります
唐御所(からのごしょ)へ行ってきました

R0013263(1).jpg

唐御所は国指定史跡に指定されていることもあり、那珂川町に住んでいる方はみんなご存知だと思いますが、私たー坊は、今回で2回目、前回は小学生の時に遠足できたのを憶えています

ふむふむ、どこにあるのか知りたいとなちょうど駐車場にいいものがあったのでパチリ
R0013266(2).jpg
      (写真をクリックすると大きく表示されます)

唐御所は最初の看板にも書いてあるように、横穴墓つまり横穴式のお墓のことです。山を登って行った先に、山の斜面に穴をあけて、そこをお墓として使っていたようです

ここで、御所という名前がついてるのはどうして?って疑問に思う方もいるかもしれませんが、「唐御所」という名称は、江戸時代の頃から使われているそうで、当時は、横穴は高貴な人の住まいと考えられていたそうです。

また唐御所伝説というものがあるとのこと。
R0013272(1).jpg



前置きが長くなってしまいましたが、さっそく山を登っていきましょう
山といってもそんなに急な斜面でもないし、高い山ではないのでご安心を

R0013290(1).jpg

「関東ふれあいの道」として遊歩道が整備されてます。
山を登っていくと、2つの立札が立っていますので迷うことなく目的地まで行けます

R0013294(1).jpg

真っ直ぐ行けば厩穴うまやあな、右へ行けば「唐御所」です
ここまで駐車場から5分もかからないかも

そして目的地の唐御所へ
R0013307(1).jpg

雰囲気ありますよね?1人で見学していてちょっと怖かったです
横穴の奥行きは4.8メートルあり幅は約2.4メートルあるそうです。中は暗くてよく見えませんでしたが、きれいに壁が削ってあり、国指定史跡になるのも納得。実は、かの水戸光圀公も見学に訪れたとのこと
(※江戸時代、那珂川町馬頭は水戸藩の領地でした。)

ここには、唐御所以外にもいくつかの横穴が存在します。

「遠見穴」には壁画が描かれており「装飾横穴」と呼ばれています。その他、全部は見れませんでしたが、また、日をあらためてじっくり見に行きたいと思います。

那珂川町には、たくさんの史跡が点在しています。話しを聞くに、400を超えるとのこと
全部を紹介できるとは思いませんが、少しづつ紹介していければと思っています。




今回紹介した史跡
      「唐御所」 

  R0013274(1).jpg R0013298(1).jpg
  R0013310(1).jpg R0013279(1).jpg
                               ※無料休憩所もあります

たー坊




 
スポンサーサイト
2012.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/40-f8442f89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。