~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

5月ももう終わりですね
キジの鳴き声が例年以上に多く聞こえるのは気のせいでしょうか
ケーンケーン」という甲高い鳴き声がよく聞こえます
田の畦畔で、きれいな羽を輝かせて悠然と立っている姿を見かけたり、卵が産み落とされていたり、本当にキジをより近くに感じています
“お札”も近づいてくれるといいんだけどなぁ…(ほら、一万円札にキジ書いてあるでしょ!?…わかりづらい…orz)

さて、今日は昔ながらの農村風景が広がる那珂川町の魅力のひとつ、“棚田”を紹介したいと思います
実は棚田が大好きなんです、ぼく
段々になっている田んぼを見ると、ついつい立ち止まってしまいます
棚田の魅力って何なんでしょう
谷沿いに、先人が知恵を絞って、狭い農地を最も効率のいいやり方で稲作を続けてきたというのが、よくわかります
貴重な生き物もたくさんいます
全国的に見れば、大規模な棚田は有力な観光資源にもなっています
水田が織りなすあの光景は、本当に魅力的です

少し前段が長くなりました
ここからは町内の棚田を紹介します

まずは、栃木県が『残したいとちぎの棚田21』に認定している棚田を紹介しましょう
大内脇郷(おおうちわきごう)棚田です
IMGP5521.jpg
IMGP5523.jpg
実はここ、ぼくの住んでる地域なんです
よってぼくは棚田に囲まれて生活してるんですね
普段見慣れた風景だけに、いまいちありがたみを感じませんが、確かに段々です

次は、同じく『残したいとちぎの棚田21』健武冥賀(たけぶみょうが)棚田です
DSC_0309.jpg
DSC_0302.jpgDSC_0313.jpg
こちら、面積も広く、非常に見栄えのする棚田です
うっとりしますね、この光景
田んぼの土手に座って、おにぎりでも食べると、それはそれは…

うまいんだろうなぁ


ここからは、写真のみの紹介です
盛泉仲丸(もりいずみなかまる)棚田です
IMGP5537.jpg


大内滝沢(おおうちたきざわ)棚田です
IMGP5526.jpg

大内海道平(おおうちかいどうだいら)棚田です
IMGP5544.jpg
IMGP5548.jpg
ぼく、意外とここ好きです

まだまだ、町内にはいい棚田、あります
今回少々マニアックなテーマを取り上げましたが、普段ぼくたちが生活していて、身近なだけに、身近すぎて、その魅力に気づかないことは、大いにあること
でもそれは、見方を変えると、非常に魅力的…な~んてことはたくさんある気がしてなりません
これからも、ぼくたちの“当たり前”を記したい、そう改めて思ったじめパパでした
あ、棚田に入る際は、くれぐれも農作業の迷惑にならないようにしてくださいね


最後にお知らせ
IMGP5595.jpg
6月1日、ついにこの日を迎えます
そう、那珂川の鮎釣り解禁日です
今年はいろいろありましたが、無事にこの日を迎えることができそうです
県内外から天然鮎を求めて太公望が集結することでしょう
ぼくは釣りをしませんが、なんだかワクワクしますね

それから、もうひとつ
IMGP5590.jpg平成24年5月30日撮影
6月2日(雨天の場合3日に順延)には、盛谷なごみの里にて恒例のポピー祭りが開催されます
もうすでに開花し始めているポピー
当日は鮎の塩焼きなどの模擬店が出店します
のどかなところですので、ぜひ行ってみてください
問合せは、那珂川町観光協会(0287-92-5757)まで

Reported by じめパパ
スポンサーサイト
2012.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/31-fba8746f