~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうも、そうです、すずです
さて、以前お伝えしました県道27号線の、那珂川町富山(とみやま)から那須烏山市興野(きょうの)をつなぐ峠、通称ひぐれ』峠通行止めですが、11月9日まで通行止めの予定が、
通行止め

工事が終わったようで、10月31日(金)に通行止め解除になりました
ひぐれ

今が見ごろの紅葉ひぐれドライブ、おたのしみいただけます
ひぐれ

さて、通行止めが解除されたということで、県道27号線沿いにあります
富山(とみやま)野菜直売所を紹介したいと思います
富山野菜直売所

農産物直売所王国那珂川町にあって、昭和61年に最初に運営を始めた、元祖直売所
『農産物直売所』という名前ではなく『野菜直売所』としているのにも、歴史を感じます

そんな『富山野菜直売所』、時のクイズ番組『ヒントでピント』でクイズとして出題されたのです
(実は幼き日の私も、大きな大根を持ってクイズのお題の写真に登場(笑))
気になる問題は、『富山直売所は、地元の人から○○円店と呼ばれています。なんと呼ばれているでしょうか』というもの
ヒントでピント

正解は、『100円店
いやいやこのころダ○ソーなんてものはありませんでしたから
富山の地元の皆さんは『富山野菜直売所』のことを『100円店』と呼んで親しんでいるのです
理由は、新鮮野菜100円で売られているというところから
(なかには品物によって200円、300円などというものもありますよ
富山野菜直売所

ここの直売所のウリは、新鮮野菜富山産
富山野菜直売所
ラベンダーも、富山産
富山野菜直売所

キューピーちゃんも、富山産
富山野菜直売所

ここにも富山産・・
富山野菜直売所
とにかく、富山産推し直売所です
それぐらいに、富山の皆さんが、『富山産』野菜に自信と誇りを持って販売しています
(でも、なかには卵とかホッケ(海鮮物)とか、富山産ではないものもあります

ほんわかした雰囲気の中、富山のおじいちゃんおばあちゃんがこたつに入りながら、店番をしています
ふらりと寄って、野菜の美味しい食べ方なんて聞くと、喜んで教えてくれますよ
富山野菜直売所
ぜひこの雰囲気富山産野菜を味わいに、立ち寄ってみてください

ところで、この付近の県道27号線沿いは、通称『直売所街道』と呼ばれていることをご存じでしたか?
私は大学の卒論でこの辺りの直売所を取り上げて調査をしているときに他地域の方に教えてもらったのですが、この辺りの道路沿い約3kmごとに農産物直売所が並ぶ、その様子を『直売所街道』と呼んでいるのだそうです

まず、烏山方面からお越しの皆さんは、国道294号線北上し、烏山のベイシアを過ぎた次の信号(『興野大橋西』)を右に曲がってください
興野大橋西
この赤い橋(興野大橋)を渡ったら左折です
興野大橋

そうするとまず1件目、こちらは那須烏山市の興野農産物直売所です
こちらの直売所ではじゃがいも掘りなどのお祭りイベントを開催したり、店頭には地元の方がお店の裏の加工施設で手作りした製品も並びます
興野農産物直売所

さて、さらに北上して、ひぐれを通って那珂川町へ入ります
ひぐれ

那珂川町に入ってすぐに、今回紹介しました富山野菜直売所
富山野菜直売所

次に久那瀬農産物直売所
こちらは観光バスも停まるほど、農産物直売所にして異例の繁盛ぶりを見せる、人気の直売所です
個人的には、久那瀬産トマトきゅうりが美味
久那瀬農産物直売所

そしてさらにまた北上すると、現在はプレハブ展開の道の駅ばとうの農産物直売所
道の駅ばとうの火事にも負けず、元気に営業中です予定されている道の駅再建がたのしみですね
道の駅ばとう

どうでしょう、こんな感じで、興野大橋から若鮎大橋までの那珂川沿いの道路を走っていると約3kmごとに現れてくる農産物直売所
それぞれの直売所特色もあるので、『直売所街道』めぐりや、その時のお買い物の目的に合わせて直売所を選ぶのも、楽しいですよ

どこの直売所地元生産者の皆さん地元産に自信と誇りを持って販売しています
ぜひ、新鮮な地元産野菜を、その地元ならではの直売所でお買い求めください


すず


富山野菜直売所
 住所 那珂川町富山190
 電話 0287-92-4207(直売所)
 営業時間 (6~11月)7:00~17:00、(12~5月)7:30~17:00
 休業日 正月
スポンサーサイト
2014.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/279-6ac2e477