~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

稲刈りシーズン真っ只中ですね新米食べましたかぼくは食べましたよ思わず声が漏れるほどうんまかったですでも最近は、夕方になると雷雨になることが多く、農家のみなさんもやきもきしているのではないでしょうかまだ新米を食べていない人、もうちょっとで食べられますよ

あ、那珂川町イメージキャラクターなかちゃんへの投票、よろしくお願いします
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002272←ゆるきゅらグランプリ2014なかちゃんのページ

今日紹介するのは、町役場のすぐ近くにある金子商店の裏にある『金子懐古館』です
DSCN8211.jpg
金子商店は300年続く老舗の味噌屋さん材料や製法にこだわっている味噌には、熱烈なファンもいるとのこと味噌もさることながら、たまり漬けも最高においしいです
DSCN8207.jpg DSCN8206.jpg
そんな金子商店の店内を抜けると、立派な土蔵がありますそこに金子懐古館はあります
DSCN8202.jpg
旧馬頭町は、かつて水戸藩だったということはご存じかと思いますが、金子商店は、水戸藩勘定奉行勝手方に属していたそうで、この地域の財政を担当していたそうですそのようなことから、当時のこの地域の歴史や文化がわかる道具や文書が残っていましたかつて大火事があった際も、土蔵に守られ、焼失せずに済んだそうです

さっそく内部に潜入してみましょう
DSCN8203.jpg DSCN8200.jpg
そう広くはない土蔵の中に、壁側になにやら貴重なものが並んでいます
DSCN8188.jpg DSCN8191.jpg
DSCN8192.jpg DSCN8180.jpg
DSCN8188.jpg DSCN8178.jpg
帳場や金庫、千両箱など、当時実際に使用されていた道具です
DSCN8181.jpg
「すごいですねぇ」と案内してくれた金子さんに言うものの、金子さんは謙遜して「そうでもないよ」と金子さんは町観光協会の会長もやられています
DSCN8189.jpg
これは、金子さんのおじいさんが、県に学校や病院の建設費用として寄付した際のものだそうです明治7年の15円て、今で言うと、どのくらいの価値なんでしょうか
DSCN8193.jpg DSCN8194.jpg
おじいさんらが使用していた小学校の教科書もありましたちょっと挿絵があるほうが1年生もう一つが3年生の教科書だそうです小学校ですよ驚きました

お味噌屋さんの店内もすごくいい雰囲気ですので、馬頭広重美術館などにお越しの際は、ちょっと金子商店のある馬頭商店街まで足を運んでみてください
DSCN8205.jpg DSCN8209.jpg

Reported by じめパパ
金子懐古館
〒324-0613 栃木県那須郡那珂川町馬頭399
Tel.0287-92-2516
【営業時間】9:00~17:00
【休館日】第1・3月曜日、年末年始
【入館料】無料
DSCN8212.jpg
スポンサーサイト
2014.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/269-3c4baa86