~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
GWも過ぎると町内各所の田植えは終盤を迎えています

DSC_0931.jpg

今年はエルニーニョ現象が起こりそうだとか、エルニーニョだと冷夏になるとか、
農家の皆さまには恐ろしい事が言われていますが、大きく育っておいしいお米にな~れ~


さて、田植えの途中で見つけたこの石碑
那須黒羽茂木線の道路沿いにあります
DSC_0932.jpg

今までさほど気にしていませんでしたが、よくみると【寛政3年
西暦に直すと・・1791年223年前
そんなに前から建っているんですね~ちょっとした歴史を感じます

そもそもこの石碑の真ん中に書いてある【二十三夜塔】とは何ぞやと思い、ちょっと調べてみると



【月待信仰】という日本の民間信仰の1つで、旧暦23日の夜・二十三夜に講員が宿に集まって飲食をともにしながら月の出を待つことをいう。三夜様とも三夜供養ともいい、月待行事のなかでも最も盛んに行われたもの。

関東地方や長野県などに多くあるものだそうですよ。
地域によっては、安産・子宝祈願だったり、百姓の取り入れの神様だったりと色々あるみたいです。
調べてみると諸説いろいろあってご紹介しきれないので、興味のある方は調べてみて下さいね


和見にあるこの二十三夜塔には、道案内の役割もあったようで。

DSC_0933.jpg
左に行くと・・・小いさご(小砂)・すさぎ(須佐木)


DSC_0934.jpg
右にいくと・・・これは何て読むのでしょうか
左の地名は(やま)と読めるような気がするので、富山か
読める人教えてくださーい


冷夏や豪雨に負けず、おいしいお米をお願いします、とお願いしておきました


旧・田んぼどころ
スポンサーサイト
2014.05.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/242-08ca7487

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。