~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

 今日、晩ご飯にマツタケのお吸い物が出てきて、若干テンションが上がったじめパパです

 ふと夜空を見上げると、冬の星座オリオン座が見えますね季節は確実に進んでいます

 先週4日、那珂川町には、とってもうれしいニュースが飛び込んできました町の北部に位置する小砂(こいさご)地区「日本で最も美しい村」連合に加盟することが決定したのです
 「日本で最も美しい村」連合は2005年に設立されたNPO法人で、小さくても、すばらしい地域資源を持つ農山漁村の景観や文化を守り、自立を目指す運動をしています北海道から沖縄まで、54の町村と地域が加盟しています小砂地区は、豊かな里山とほのぼのとした田園風景が広がるところですが、小砂焼やいわむらかずお絵本の丘美術館、そして里山芸術祭などが評価されたようです 
 加盟は栃木県では初関東でもこれまで群馬県に1村2地域しかありませんでした今後、小砂地区の注目度、期待度があがることは必至ですこれからです、小砂
 見せてくれSand Power
DSCN4624.jpg DSCN4623.jpg

 さてさて、今日のレポートにまいりましょう 
 今日お伝えするのは、旧健武(たけぶ)小学校を拠点に都市と農村の交流事業に取り組むNPO法人森の学校です 
DSCN4505.jpg

 旧健武小は、那珂川町役場から東に2kmちょっとのところにあります県道沿いではあるものの、周囲より高い場所に建っているため、道路からは見えません2008年に閉校となった旧健武小は木造2階建て とっても趣のある校舎です
DSCN4512.jpg DSCN4513.jpg
DSCN4510.jpg DSCN4511.jpg

 この写真、卒業生にとっては懐かしいんじゃないでしょうかぼくも小学生のころ、ここで野球の練習試合をした記憶がよみがえってきました

 ここを町から借りて活動しているのが、東京に拠点を置くNPO法人森の学校です1993年から閉校となった校舎を活用し、周囲の豊かな自然を活かした自然体験の中で、いのちの尊さを学び、豊かな人間性を形成する環境教育を実践しています旧健武小にやってきたのは、今から4年ほど前主に東京や宇都宮などの都市部の子どもたちがたくさん来ていますあ、そよ風回覧板にもリンクが貼られてるの知ってました 

 今回、かねてから連絡を取らせてもらっている事務局の方にお願いをして、稲刈りのプログラムに参加させていただきました当日はあいにくの曇り空で、時折小雨の降る天気でしたが、宇都宮から子どもたちが3名、サポート役として大学生と高校生がそれぞれ1名参加しました直前に何名かキャンセルがあったようで、少数精鋭となったようです 

 さぁ、着替えて、いざ出発です
DSCN4515.jpg
 校舎の裏手はさらに少し高くなっていて、田んぼや畑がありますぼくもここは未知の世界まさか校舎の裏にこんな世界が広がっていたとは思いもしませんでしたもう車の音なんかしません聞こえてくるのは、沢水の音鳥や虫の鳴き声さらに進み、木のトンネルを抜けると…
DSCN4519.jpg
 なだらかな傾斜がついた谷津田が広がっています
DSCN4520.jpg
 さらにさらに進むと…、見えてきました一番奥のところに、まだ刈り残された田んぼが 
DSCN4521.jpg
 田んぼには、地元健武で森の学校が開校したころから、この事業に協力してくれている和知さんが稲刈りの準備を始めてくれていました
 
 さぁ、早速、鎌を持って稲刈り開始です 
DSCN4523.jpg
 一番小さい参加者は小学校2年生事務局の方から手取り足取り説明を受けながら、慣れない手つきで一生懸命稲刈りに挑戦します少し大きいお兄ちゃんたちは、少しの説明で要領よくどんどん稲を刈っていきますぼくも久々の手刈りしかし、田んぼがぬかっていて、なかなかの重労働いつの間にか無口になっていました 

 すると、子どもたちから歓声が田んぼには生き物がたくさんカエルはもちろん、トカゲやバッタ、さらにはサワガニもいますいつの間にか稲刈りそっちのけで生き物探ししかし、実はこれも森の学校の醍醐味子どもたちは、恐れることなく生き物を触っていました

 そうこうしているうちに、お昼の時間田んぼの近くに流れる沢で手を洗いますこんなことも貴重な体験 
DSCN4538.jpg
 この沢水は、和知さんのおうちでも飲料水や生活用水として使っているそうですぼくも飲ませてもらいましたが、優しい水でした

 お弁当は、田んぼの土手で、みんなで刈り途中の稲を見ながら食べました
DSCN4533.jpg←雨に濡れて、なんかきれい…

 昼食が終わっても、空はあいにくの天気みんな稲刈りのペースをあげますしかし、タイムリミットの3時になってしまい、稲刈りは終了半分しか刈り終えませんでした
DSCN4540.jpg

 刈った稲は、はざがけにします太陽の恵みをたっぷり浴びて、おいしいお米になること間違いなしです
DSCN4544.jpg

 稲刈り後、子どもたちは校舎に戻り、今日の振り返りをやったようです森の学校の取組みで、これが重要なんですね単なる稲刈りではなく、田んぼの周りの環境もいっしょに学べるところが魅力ですたくさんの生き物にも出会えましたし、いつも口にしているお米の刈取りを経験することで、食べ物のありがたみも身を持って感じたのではないでしょうか

 和知さんにもお話を聞けました4年間の感想を聞くと、
『4年前に、10年以上耕作を放棄していた田んぼを開墾したのが大変だった』
『でも子どもたちにしたら、めったにできない経験だからね』
 物静かで口数は少ない和知さんですが、子どもたちに農業を教えていくことで、生きがいにもなっているように見えました

 森の学校の取組みは、ぼくら農村に住む者にとっては、とても新鮮で、そしてありがたいことだと思いました今後、ぼくらがここで生き続けるには、ここにどれだけ誇りを持てるかだと思います「那珂川町ってこんなにすごいんだぁ」「那珂川町ってこんなにきれいなんぁ」そういう町の良さをどれだけ再認識できるか時として、町外の人の評価がそれを気づかせてくれるかもしれません都市と農村をつなぐ森の学校の役割はとても重要です 

NPO法人 森の学校
http://www.morinogakkou.jp/

Reported by じめパパ
【じめパパ動画館】

 じめパパの栃木SC観戦記ですガンバ大阪戦に行ってまいりました1万人の観衆の大声援もあり、なんと4-2で完勝遠藤、今野、宇佐美、加地…名だたる選手を相手にしても、臆することなく最後まで走り続けました
 動画は試合終了後、ゴール裏へのあいさつから勝利の県民の歌へグリスタの雰囲気、味わってください

スポンサーサイト
2013.10.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/190-2607460b