~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

9月の3連休第1弾は、台風のせいで、どこにも出かけられない たー坊ですこんにちわ

前回の、旧・田んぼどころの記事でも書いてありましたが、那珂川町では週末ぐらいから稲刈り風景をたくさん見かけるようになりましたたー坊家でも、自分たちが食べる分と親戚に少し分ける分ぐらいは、お米を作っているのですが、台風もあって稲刈りは延期となりました
この3連休を使って稲刈りしちゃうぞ~って考えてた方々がたくさんいただろうと思います

残念ですが、自然の猛威には適いませんもんねしゃ~んめやと

さて、雨が気になる天気ですが、今回は、那珂川町小川にあるなす風土記の丘資料館に行ってきました雨が降ってなくてよかった

R0018409_edited-1.jpg

実は実は、たー坊、風土記の丘資料館初体験でしたですので、色々驚きながら観覧させていただきました

館内は、写真撮影禁止なので、写真を見ながら説明できないのが残念ですが、竪穴式住居の展示があったり、地元那珂川流域沿いにあった古墳群から出土した土器や銅鏡や鉄器など見ることができます
那珂川町に住んでいる方は、地元の歴史を知る上では、1度は見ていただきたいなぁ~
自分たちが住んでいる地域が、実は、那須郡の中心地だったんだよ~ってことがわかるはず

この資料館の近くには、国指定史跡の那須官衙遺跡があります実際に建物が立っているわけではありませんが、昔、この地に、お役所があったということだそうです詳しくは、資料館で確認してみてください

R0018412_edited-1.jpg
わかりづらくて申し訳ありませんが、ちょうどビニールハウスの奥あたりが那須官衙遺跡


言い忘れていましたが、観覧券は、びっくりの100円ですよ~

ぷらすぷらす、なす風土記の丘資料館の観覧券で、大田原市湯津上地区にある、なす風土記の丘湯津上資料館も観覧できちゃうんですよ

R0018438_edited-1.jpg
なす風土記の丘湯津上資料館(奥の建物)

なす風土記の丘資料館から車で10分も離れていませんので、せっかくですので両館一緒に見たほうがお得です
湯津上館の場所は、国道294号沿いの、この立派な松の木が生えている古墳が目印です

R0018419_edited-1.jpgR0018425_edited-1.jpg
下侍塚古墳

この下侍塚古墳は、かの水戸黄門様が関わっている古墳で有名なんですが、詳しいことは資料館にて確認してみてください
介さんの自筆の手紙を見ることもできますよ

どちらの資料館にも手作りの見学資料が置いてあり、読みながら楽しく観覧することができました

R0018450_edited-1.jpg

これからの季節、なす風土記の丘資料館芸術の秋を楽しむのはいかがでしょうか

たー坊



○栃木県立なす風土記の丘資料館○
住所:栃木県那須郡那珂川町小川3789
電話:0287-96-3366
一般:100円  高校・大学生:50円  中学生以下:無料
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日・県民の日は開館)・祝日の翌日・年末年始・臨時休館日(9月19日・20日)
※9月15日の週は、休館日が多いようですので確認をお願いします。
※9月21日から秋季特別展が始まるようです。

○大田原市なす風土記の丘湯津上資料館○
住所:大田原市湯津上192
電話:0287-98-3322

R0018437_edited-1.jpg
スポンサーサイト
2013.09.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/182-3adeca41