~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

黄金週間…終わってしまいましたね
個人的にそんなものはひとっつもなかったのはらです
ゴールデンウィーク…??それは食べ物ですか…??

いや、しかしここ最近のそよ風メンバーの記事をみてると
とってもカラフルな写真がズラリ…
『花の風まつり』の記事も多かったみたいなので、
このお祭りで各々、自分たちの花の種を蒔いてきたみたいで
のはらも嬉しい限りです

そして、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
つい先日とうとう10,000HIT超えしちゃいました
045.jpg
ありがとうございます
少しでも町の情報を発信していければ…そんな気持ちではじめたブログですが、
最近では、何かの拍子に知ってくれて見てくれる人も増えて、
常に『見られているんだ』という嬉しさと、ちょっぴりのプレッシャーを感じてやっております
しかし、『見られている』『見てくれてる』ということは
同時に自分達を成長させてくれる糧となります
初心忘れるべからず…
慢心することなく、これからも自分たちの色を出していけたらいいなぁと思っています


021_20130510205129.jpg
-那珂川の草原を駆ける駿馬のような-
でも本当はこんな気持ち…(笑)

さて、そんな新緑が気持ちいい季節、
広重美術館の斜め前、『馬頭郷土資料館』では
007_20130510205515.jpg
大家からの手紙ー金子正一郎と玉堂・南風との交流ーを開催中

子正一郎さんは、明治39年馬頭町に生まれ、
馬頭町議会議員、馬頭町長、栃木県町村会長などを歴任し、
馬頭名誉町民に表彰されるなど数々の功績を残された方だそうです
石川宰三郎をはじめとし、数多くの画家や文人と交流があり、
現在の那珂川町の文化発展に大きな影響を与えたとされています

遠くからなら写真を撮っていいよ~とお許しが出たので展示状況だけ少し…
003_20130510211108.jpg
5月19日(日)13:30~記念講演会も行われます
郷土の歴史に理解を深めるいい機会かもしれません

そして那珂川町にはあまり知られていませんがもうひとつ資料館が。
037.jpg
『小川郷土館』です
現在は開館していませんが、レトロな建物が『大正浪漫』を感じさせませんか??
ここだけ時が昔にタイムスリップしたみたいな
はい、私大好きなんです。。。この建物

明治45年に着工し、大正2年に竣工した那珂村(旧小川町)役場は、
当時は近郷でも珍しい洋館だったそうです
石碑には、この建物を愛する人々の興味深い文が↓
【明治の先輩がたいへん苦労して建築してくださった町の遺産ですから
郷土館として、町民が大切に保有致しましょう】

つまり、先人の人たちに敬意を忘れず、町の遺産を町民ひとりひとりが大切に守っていきましょう
ということですね
いやぁ~いい話ですね

資料館脇には、今では珍しい昔の消防車が見れますよ~
040.jpg

郷土を愛することはもちろん、
郷土の歴史・文化・遺産を後世に伝えていくことも
自分達に課せられた使命なのかなぁ~なんてしみじみ思ったり
そのためには“郷土を知る”ってとても大事なことなんだと思います

そして最後に
035.jpg
はい。すみません。
小川公民館も大好きです
ツンツンした角みたいなお城(建物)がめっつつっつちゃカッコいいです
誰かわかってくれる人、いるといいな

下西のはら




スポンサーサイト
2013.05.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/143-095fd282