~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
台風並みの春の嵐が日本列島を襲っている最中、回覧板を書いているじめパパです
那珂川町のは、ややピークを過ぎましたが、まだまだきれいに咲いています
この春の嵐にどこまで耐えてくれるか
以外にも、至るところにいろんな花が咲いていて、真っ盛りの様相
ポカポカ陽気の日なんかは、本当に気持ちいいですね
をしっかり楽しみましょう

さて、3月31日も栃木SCの応援に行ってきましたよ
“北関東ダービー”ザスパクサツ群馬戦です
JFL(日本フットボールリーグ)時代からの因縁の相手
Jの舞台でもその関係は変わることなく“北関東ダービー”として熱い戦いが繰り広げられます
試合は、近藤廣瀬のゴールで栃木SC3-0で快勝
今季ホーム初勝利とダービー初戦を勝つことができました
順位も10位まで上げ、4月から連勝街道まっしぐらで、どんどん上位を目指してもらいたいものです
次のホームは14日(日)13時から、栃木県グリーンスタジアムで、またまた“北関東ダービー”水戸ホーリーホック戦です
DSCN0807.jpg
栃木県グリーンスタジアムは専用スタジアムのため、選手がめちゃくちゃ近いですよ

前段が長すぎて、そろそろ怒られそうなので、本題に入りましょう
今日紹介するのは、近年話題の那珂川町が誇る新しい特産品『温泉トラフグ』です
温泉トラフグは町から湧出する温泉水を使って養殖されたトラフグで、廃校となった小学校の教室や、スイミングスクールとして使われていたプールにたくさん泳いでます
町内には“温泉とらふぐ”の文字が書かれたのぼり旗がたくさん見られます
温泉トラフグが食べられるという目印ですが、海なし県でこの光景は、とっても不思議ですね
しかし、温泉トラフグ…、身近になったとは言え、やはり高級魚です
ぼくらにとっては手軽に食べられるものではありません
そんなぼくらの願いが通じたのか、宇都宮のフタバ食品㈱により、このほど『温泉とらふぐ弁当』が販売されました
DSCN0707.jpg
お値段は、ずばり1,260円
トラフグが使われていて、このお値段はGoodだと思います
DSCN0710.jpg
さてさて、さっそくいただいてみましょう
DSCN0712.jpg
トラフグゆずの風味が漂う西京焼きとなっております
トラフグって、歯ごたえがしっかりしていていいんですよね
ゆずの風味が、高級感をさらに演出します
一口サイズのトラフグが3切れほど入っています
他にも、温泉トラフグの皮の細切りほぐし身が入っています
DSCN0714.jpg DSCN0715.jpg
しいたけゆばも入ってます
DSCN0716.jpg
温泉トラフグアラで出汁をとった炊き込みご飯も美味
やや濃いめの味付けになっているので、冷たくなってもとってもおいしくいただけます

おいしくて、一口一口噛みしめながら食べました
ただ、量は大人の男性からすると少し少ないかなと感じました
でも、うまいっす

で、どこで手に入るかというと、東北自動車道上河内サービスエリア(下り線)です
1日40個くらいと聞きますので、立ち寄った際はぜひ購入してみてください
DSCN0718.jpg

Reported by じめパパ
スポンサーサイト
2013.04.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nakagawa5.blog.fc2.com/tb.php/131-f9b6c4bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。