~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2017.07.20

Ciaoすずですよ~
あれ?ボーノじゃないの?って思いました?
最近はボーノ美味しいものの話題をアップしていましたが、私だってアップしますよ

お邪魔してから3週間ほど時間が経ってしまいましたが、
今日紹介するのは、新店オープンの話題
すし遊膳「錬聖」
さんです
すし遊膳「錬聖」

まほろばの湯に出来た、一見普通のお宅のように見えるお寿司屋さんです
看板暖簾があるので、国道294バイパスを走っているとすぐに見つけられると思います

すし遊膳「錬聖」

開店祝いのお花で華やかな店内は、新築したての木の香りがしていました

すし遊膳「錬聖」

席は、ガラスケースに寿司ネタの並ぶカウンター席

すし遊膳「錬聖」

それから、座敷に座るのが苦手な方でも大丈夫な、お寿司屋さんには珍しい和モダンな個室も用意されていました

席は和室とこちらの洋室を一続きにすることもでき、宴会など、25人のお客さんまで対応できるそうです

お部屋を見せてもらっているうちにお寿司が到着
すし遊膳「錬聖」

ひゃーおいしそーーーーーー
すし遊膳「錬聖」

ふあーー美味しかったーーーーー

あっと言う間に食べ終わってしまいましたが
どのネタ食べても美味しかったー満足満足
寿司ネタに詳しくなくて申し訳ないのですが、真ん中の一番左のが脂が乗ってて特に美味しかった気がします

あまりに美味しかったもんだから、お醤油も特別なものを使っているのでは?と思えてきました
すし遊膳「錬聖」
お醤油にも詳しくないのですが、心なしか、うちの醤油より透き通っているような・・

そしてサービスでスイカまでもらっちゃいました
すし遊膳「錬聖」

このスイカを見てふと「ここのお店ってもしや?」と思ったのが、

以前このブログでも紹介したすし常さんすし常(2013.09.18)

前にすし常さんにお邪魔したときにもサービスしてもらったのがスイカ・・

女将さんの話を聞くとやはり!
すし常さんが代替わりをしてから8年が経ち、今回こちらのバイパス沿いに新店をオープンさせたとのことでした

那珂川町美味しいお寿司屋さんとして親しまれていたすし常さん、震災後、通行に安全性を欠くとして新那珂橋が撤去されてしまってからは、すし常さんへ行く道の手前には通行止めの案内があったりして、地元の人しか通らないような道になってしまっていましたが、新店はバイパスの側ということで、今度はまた道行く人にもふらりと寄ってもらえるようになりますね

海無し県の那珂川町で、思いもかけない美味しいお寿司が食べられます
そうそう、海無し県の那珂川町で、まさかのトラフグ、もうお馴染みになりましたね、あの温泉とらふぐが、こちらのお店でも食べられます

いつか私も温泉とらふぐのてっさをお箸でグイッと一気食べしたい
夢見るすずより、新店オープンのレポートでした
ではでは、BounoBouno


すし遊膳「錬聖」
住所  栃木県那須郡那珂川町小川929
電話  0287-96-5133
営業時間
     火~土 11:30~14:00 15:00~21:30 (LO 21:00)
     日・祝 11:30~14:00 15:00~21:00 (LO 20:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日休業)
スポンサーサイト
2017.07.20 / Top↑
Ciaoボーノだぜ7月に入って、いよいよ夏らしい暑い日が続くな

那珂川町でマンゴー作ってるって知ってるかマンゴーってあったかいとこで作ってるイメージがあるけど、なんで特別あったかいところではない、むしろ寒暖の差が激しい那珂川町で作れるかっていうと、この建物が大きな役割を果たしてるんだよ
IMG_0068.jpg IMG_0070.jpg
建物の中には木材のチップがたくさんこれ、木質バイオマスボイラーなんだマンゴーハウスのとなりにある工場のための施設なんだけど、このボイラーの余熱をマンゴーの栽培に活かしてるんだってよ本来なら高い温度を保つのに大量の化石燃料が必要なんだけど、ボイラーの余熱を活かすことで燃料費をかなり抑えられるらしい
IMG_0064.jpg IMG_0062.jpg
うまいこと考えたよなぁハウスの中にはたくさんのマンゴーの木が並んでたぜこんな光景、なかなか見られないよな新しいハウスも建てられてて、来年はもっと収穫できるんだってよ

んで、試食販売会があるっていうから行って買ってきたぜ
IMG_0060.jpg IMG_0061.jpg
今回は自分で食べるだけだからパックに入れてもらったけど、贈答用だときれいな化粧箱に入れてもらえるみたいだぞ
家に帰って、さっそく食べてみたぜネットで切り方を調べて見よう見まねでやってみたけど、意外とうまく切れた我ながらあっぱれだ
IMG_0073_201707090133563a6.jpg
どうだ、うまいだろそれっぽいだろ自分でできるとテンション上がるな、これ
IMG_0072.jpg
斜めから(笑)

とにかく、マンゴーの甘~い香りが家中に広がるトロピカル~で、肝心な味だけど、めちゃくちゃうまいぞ、これ濃厚な甘さで、やわらかくて、すごくジューシーこんなにうまいマンゴーが那珂川町で作られてるなんて、改めて驚きだ

あ、この那珂川町産マンゴー『なかよしマンゴー』っていうんだこのなかよしマンゴー、JRの豪華寝台列車「四季島」のデザートにも採用されて、7月いっぱいは提供されてるぞ四季島に採用されるきっかけとなった料理家音羽和紀氏オトワレストランでも食べられる那珂川町内だと、御前岩物産センターで食べられるぞなかよしマンゴーホームページ
もあって、FAXで申し込むこともできるから、気になったらチェックしてみてくれ

BounoBouno
2017.07.08 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。