~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうもじめパパです
今年のGWは本当にいいお天気です町内にもたくさんの車が走っているのが見られますみんな楽しめてるかないったん6日は学校や仕事の日になりますが、週末は今年のGWの締めくくりみなさん最後まで楽しみましょうね

さて、まだ週末の予定が未定な方、ぜひ日本で最も美しい村・小砂に来ませんか
現在、小砂では、3年に1度の里山芸術の祭典『KEAT2016』が開催中です2013年春、まだ「日本で最も美しい村」連合に加盟していなかった小砂で、初めてKEATが開催されました地域もアーティストも手探り状態だったと思いますが、見事成功に収め、その年の10月に栃木県内では初めて、全国でちょうど50番目に「日本で最も美しい村」連合に加盟することができましたKEATの成功は、加盟に大きな好影響を与えましたその後、2014年と2015年には、KEA小砂環境芸術展が開催され、来る今年のKEAT2016に向けて着々と機運を高めてきました
KEAT2016のテーマは『地域を耕すアート』このアートイベントによって、これまで眠っていた“土壌”に光が当てられ、それを住民と作家が耕すことで新しい芽が顔を出しましたアートは少し難しいと感じる人もいると思いますが、その感じ方は人それぞれまずは、実際に見て、感じてほしい
KEAT2016には過去に参加した作家も多く出展しています作品を紹介しましょう

安齋歩見
KEATにおいて、作家らの活動拠点にもなっている旧馬頭北保育所の一室に作品が飾られています。その作品は、2年前、KEA2014に参加していたときに小砂で制作した作品だそうです。この保育所で行われていたであろう“かけっこ”を想像して制作したとのこと。
DSCN6204.jpg
DSCN6205.jpg DSCN6207.jpg

稲垣侑子
KEAT2013から毎年参加。2014年4月からは那珂川町地域おこし協力隊第1号として活動中。「土地ドレ」をテーマに作品を制作。昨年に引き続き、畑にラディッシュなどで模様を描く。
DSCN6253.jpg DSCN6255_20160506003333ca8.jpg

隅沙織
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。キャンパスを窓に見立て、巨大なタコがその窓からのぞいている様子を描く。5月7日にクロージングが行われる小砂コミュニティセンターに飾られている。
DSCN6237.jpg

田川岳
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。中国漢王朝時代に生きた蘇武に魅せられる。蘇武の壮絶な生涯から、「耐えろ」という言葉を表現する。馬頭西小の手前に建つ納屋に飾られている。
DSCN6248_20160506003520a00.jpg DSCN6249_20160506003522952.jpg
DSCN6250.jpg DSCN6251_20160506003525e49.jpg

田原唯之
昨年に引き続き、小砂地区コミュニティセンターからさらに奥に行ったところにある納屋の中で作品を制作。納屋の中には籾殻が敷かれ、使われなくなった農具が絶妙なバランスで配置されている。
DSCN6198.jpg DSCN6200.jpg
DSCN6193.jpg

玉田多紀
昨年に引き続き、馬頭西小の子どもたちとのワークショップで制作したダンボールを使った作品を展示。よろこびの森に飾られている。よろこびの森には、ブランコや竹のすべり台などもあり、気持ちいい雑木林の中でのびのびと遊ぶこともできる。昨年制作した巨大キノコも飾られている。
DSCN6186.jpg DSCN6182.jpg
DSCN6185.jpg DSCN6184.jpg
DSCN6188.jpg

八木麻里
KEA2014から参加。使われなくなった農機具に金属を溶接するという技法を用いる。彼女の明るいキャラクターも魅力。
DSCN6227.jpg DSCN6223.jpg
DSCN6215.jpg

渡邉透真
毎年、いろんな場所に絵を展示。今年は大谷石(?)でできた旧倉庫の中に作品が飾られている。
DSCN6217.jpg DSCN6218.jpg
DSCN6221.jpg

小砂には、昨年までの作品もあちらこちらに展示されたままになっていますよ部屋いっぱいのクジラぼくは昨年見逃した作品ですが、まだ飾られていたので今回見られてラッキーでした
DSCN6229.jpg DSCN6231.jpg
DSCN6228_201605060041030ec.jpg

KEAT20165月7日(土)まで5月7日(土)午後2時から、クロージングとして小砂コミュニティセンターで作品の審査発表などを行います参加作家も来ていますし、参加は無料となっていますので、ぜひ立ち寄ってみてください
またKEAT2016を楽しむ際は、まずは小砂焼の藤田製陶所か、道の駅ばとうにある那珂川町観光協会に寄って、ガイドブックを手に入れてくださいマップや作家紹介が書かれていますちなみにガイドマップに描かれている作家の似顔絵は、宇都宮メディアアーツ専門学校卒業の高山直也さんの作品です
DSCN6183.jpg DSCN6263_201605060045046cb.jpg
DSCN6235_20160506004502e90.jpg DSCN6241_2016050600450364d.jpg
また作品のあるところの近くには、黄色と黒でデザインされ『KEAT』と書かれた看板が立っていますので、目印にしてください
DSCN6189.jpg

小砂を含め、那珂川町は新緑の季節を迎えています現代アート作品とともに、どこか懐かしい里山の風景も楽しんでくださいね
DSCN6176.jpg DSCN6208.jpg
DSCN6201.jpg DSCN6244.jpg

ここのところ、日中は日差しも強く、アートめぐりをすると、少々疲れるかもしれませんその際は、日帰り温泉に立ち寄ったり、道の駅ばとうにあるアイス工房武茂の郷でジェラートを食べたりしてください
DSCN6258_20160506005257d3e.jpg生キャラメルとコーヒーのジェラート(^^)

Reported by じめパパ
DSCN6264.jpg
スポンサーサイト
2016.05.05 / Top↑