~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうもじめパパです
5月に入って、夏のような日差しが降り注ぎますねまだ空気がカラッとしているから、気持ちいいと感じるけど、紫外線対策はきちんとしたほうがいいですよぼくはすでに田植えと栃木SC応援で、やや日焼けしましたが、ようやくここ最近日焼け止めを塗るようにしています日焼け止めもきちんと満遍なく塗ったほうがいいですねぼくは去年海に行ったとき、背中に塗るのにテキトーにやったらば、日焼けがまだら模様になってしまいましたみなさんも注意してくださいね

那珂川町で“石井君と星君”というと、そう彼らしかいませんね早稲田大学野球部石井一成君と、明治大学野球部星知弥君ですかつてのそよ風回覧板(2012.8.31夏の終わり)にも登場したことがありますよ
彼らは現在大学4年生歴史と伝統のある東京六大学野球の舞台でプレーしています2人は学童野球時代の小川那珂クラブ馬頭ラッキー小川中馬頭中作新学院高校宇都宮工業高校、そして早稲田大学明治大学と、実に10年以上ライバル関係にあります最上級生となった今年、石井君早稲田大学野球部の主将になりました昨年は全日本大学野球選手権を制するなど、めざましい活躍を遂げたチームを率います全国から選手が集まる中で主将に選ばれるわけですから、人望の厚さを感じます星君は、これまで速球を武器にクローザーとして活躍していましたが、今年から先発転向が噂され、実際に最初の東京大学戦で先発していますその後は中継ぎ、抑えでの登板が多いようです
そして、5月14日から、早明戦が組まれましたので、行ってきましたよ、神宮球場野球場はいつ来てもテンションが上がります
1
他大学の主将とともに、石井君も掲出されていますうれしいですねぇ
2_20160515062949c63.jpg
明治大学の先発は主将の柳投手星君の登板機会はないのではないかと予想し、早稲田大学のベンチ近くに陣取りました近い
3_20160515062949500.jpg
石井君は開幕以来、ずっと4番に座ります球場に着いたとき、ちょうど早稲田大学の練習でした主将なので、背番号は10番です
6_2016051506314893e.jpg 7_201605150631493b3.jpg
5_201605150631463a1.jpg 4_20160515063145393.jpg
明治大学のベンチ前を見たら、星君も練習していました背番号は11番です
8_201605150633257c2.jpg 9_20160515063326eb2.jpg
試合開始直前、お互いの応援席へあいさつ主将である石井君が先頭に立ってあいさつしますまだあどけなさが残ります
10_201605150634229ed.jpg 11_2016051506342334c.jpg
さぁ、早稲田大学の先攻で試合開始ですワクワクしますね
12_20160515063517941.jpg 13_201605150635193c5.jpg
明治大学の先発は、主将でプロ注目の絶対的エース柳投手今季もすでに4勝を挙げ、防御率は0点台抜群の安定感で好調のチームを率いますこの日も5回まで1人のランナーも許さずパーフェクト早稲田大学の攻撃陣はまさに手も足も出ないといった感じ
14_20160515063557b1f.jpg
ここ数試合当たりが止まっている石井君も、柳投手になすすべなしこの日は4打数ノーヒット打撃ではいい結果を残すことができませんでした残念
19_2016051506363494f.jpg 17_20160515063631d3e.jpg
16_20160515063630901.jpg 18_20160515063633be8.jpg
守備では、幾度となく訪れた守備機会をすべて無難にアウトにしていました送球も安定していましたし、石井君は上背もあるので、守っている姿はとても頼りがいのあるものでした
20_2016051506375428f.jpg 21_20160515063756ff4.jpg
守備から攻撃に移る際は、守備から戻ったナインのエンジンの中心に、主将である石井君がいて、ひと声かけています
22_20160515063833d3c.jpg
試合はというと、お互い先発投手が好投し接戦となりました先制したのは明治大学4回裏、4番牛島選手がレフトスタンドにソロホームランを放ちます6回表、それまで柳投手に完璧に抑えられていた早稲田大学は、先頭の7番木田選手がお返しとばかりにソロホームランで同点8回表、8番吉見選手が勝ち越しとなるタイムリーツーベースヒットを放ちますしかしその裏、3番佐野選手がタイムリーヒットを放ち再び同点9回裏、明治大学にサヨナラのチャンスがありましたが、中澤中堅手の好返球もあり、試合は2-2のまま延長戦に入ります
すると、明治大学背番号11がマウンドに上がる準備をしているではありませんかこれには驚きましたが、ぼくにとってはうれしいの一言電光掲示板に石井君星君の名前が掲出されます
27_20160515063909da2.jpg
星君は自慢の速球を中心にグイグイ攻めます最速152km/h早稲田大学のバッターはバットが空を切ります本当に勢いがありました
23_201605150639537fe.jpg 24_201605150639553bf.jpg
25_20160515063956c4d.jpg 26_201605150639585c5.jpg
11回表、早稲田大学は得点圏までランナーを進めますが、3番三倉選手が打ち取られますネクストバッターズサークルにいた4番石井君に回る前に攻撃が終了しました
15_201605150641045bf.jpg
11回裏、試合は突如として終わります4番牛島選手がこの日2本目となるソロホームランを豪快にレストスタンドに放ち、明治大学がサヨナラ勝ちを収めました
29_20160515064130156.jpg
とても締まった内容で、スコア以上に見どころ満載、充実した内容の試合でした直接対決の目前で終わってしまったことだけが悔やまれますが
東京六大学野球は応援もすごいです学ラン姿の応援団、チアリーダー、ブラスバンドを中心に現役の学生やOBなどが大きな声や手拍子で選手を鼓舞します
30_20160515064211762.jpg 31_201605150642124e7.jpg

試合終了後、バスに乗り込む2人に会うことができましたしかし、その表情は対照的負けた早稲田大学石井君はうつむき加減で口数少なめにバスに乗り込みました一方、今季初勝利を挙げた星君は、待ち構えたファンの方々と会話を交わすなど、晴れ晴れしい表情改めて、2人が勝負の世界にいるんだなと思いましたさらなる高みを目指すならば、この対照的な経験は、それぞれにとって不可欠だと思います今秋のドラフト候補にも挙がっている2人4年生となった今、周囲はますます期待感を膨らませていることでしょうそれに惑うことなく、時にはそれを糧にして、自分の野球をやってほしいです
春季リーグの早明戦は、15日(日)にも行われます早稲田大学が勝つと、16日(月)が勝ち点をかけた試合となります神宮球場、とてもいい球場ですぜひみなさんも、歴史と伝統のある東京六大学野球で活躍する那珂川町出身の2人を応援に行きましょう
DSCN0224.jpg DSCN0282_201605150642158f4.jpg

Reported by じめパパ
スポンサーサイト
2016.05.14 / Top↑
どうもじめパパです
今年のGWは本当にいいお天気です町内にもたくさんの車が走っているのが見られますみんな楽しめてるかないったん6日は学校や仕事の日になりますが、週末は今年のGWの締めくくりみなさん最後まで楽しみましょうね

さて、まだ週末の予定が未定な方、ぜひ日本で最も美しい村・小砂に来ませんか
現在、小砂では、3年に1度の里山芸術の祭典『KEAT2016』が開催中です2013年春、まだ「日本で最も美しい村」連合に加盟していなかった小砂で、初めてKEATが開催されました地域もアーティストも手探り状態だったと思いますが、見事成功に収め、その年の10月に栃木県内では初めて、全国でちょうど50番目に「日本で最も美しい村」連合に加盟することができましたKEATの成功は、加盟に大きな好影響を与えましたその後、2014年と2015年には、KEA小砂環境芸術展が開催され、来る今年のKEAT2016に向けて着々と機運を高めてきました
KEAT2016のテーマは『地域を耕すアート』このアートイベントによって、これまで眠っていた“土壌”に光が当てられ、それを住民と作家が耕すことで新しい芽が顔を出しましたアートは少し難しいと感じる人もいると思いますが、その感じ方は人それぞれまずは、実際に見て、感じてほしい
KEAT2016には過去に参加した作家も多く出展しています作品を紹介しましょう

安齋歩見
KEATにおいて、作家らの活動拠点にもなっている旧馬頭北保育所の一室に作品が飾られています。その作品は、2年前、KEA2014に参加していたときに小砂で制作した作品だそうです。この保育所で行われていたであろう“かけっこ”を想像して制作したとのこと。
DSCN6204.jpg
DSCN6205.jpg DSCN6207.jpg

稲垣侑子
KEAT2013から毎年参加。2014年4月からは那珂川町地域おこし協力隊第1号として活動中。「土地ドレ」をテーマに作品を制作。昨年に引き続き、畑にラディッシュなどで模様を描く。
DSCN6253.jpg DSCN6255_20160506003333ca8.jpg

隅沙織
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。キャンパスを窓に見立て、巨大なタコがその窓からのぞいている様子を描く。5月7日にクロージングが行われる小砂コミュニティセンターに飾られている。
DSCN6237.jpg

田川岳
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。中国漢王朝時代に生きた蘇武に魅せられる。蘇武の壮絶な生涯から、「耐えろ」という言葉を表現する。馬頭西小の手前に建つ納屋に飾られている。
DSCN6248_20160506003520a00.jpg DSCN6249_20160506003522952.jpg
DSCN6250.jpg DSCN6251_20160506003525e49.jpg

田原唯之
昨年に引き続き、小砂地区コミュニティセンターからさらに奥に行ったところにある納屋の中で作品を制作。納屋の中には籾殻が敷かれ、使われなくなった農具が絶妙なバランスで配置されている。
DSCN6198.jpg DSCN6200.jpg
DSCN6193.jpg

玉田多紀
昨年に引き続き、馬頭西小の子どもたちとのワークショップで制作したダンボールを使った作品を展示。よろこびの森に飾られている。よろこびの森には、ブランコや竹のすべり台などもあり、気持ちいい雑木林の中でのびのびと遊ぶこともできる。昨年制作した巨大キノコも飾られている。
DSCN6186.jpg DSCN6182.jpg
DSCN6185.jpg DSCN6184.jpg
DSCN6188.jpg

八木麻里
KEA2014から参加。使われなくなった農機具に金属を溶接するという技法を用いる。彼女の明るいキャラクターも魅力。
DSCN6227.jpg DSCN6223.jpg
DSCN6215.jpg

渡邉透真
毎年、いろんな場所に絵を展示。今年は大谷石(?)でできた旧倉庫の中に作品が飾られている。
DSCN6217.jpg DSCN6218.jpg
DSCN6221.jpg

小砂には、昨年までの作品もあちらこちらに展示されたままになっていますよ部屋いっぱいのクジラぼくは昨年見逃した作品ですが、まだ飾られていたので今回見られてラッキーでした
DSCN6229.jpg DSCN6231.jpg
DSCN6228_201605060041030ec.jpg

KEAT20165月7日(土)まで5月7日(土)午後2時から、クロージングとして小砂コミュニティセンターで作品の審査発表などを行います参加作家も来ていますし、参加は無料となっていますので、ぜひ立ち寄ってみてください
またKEAT2016を楽しむ際は、まずは小砂焼の藤田製陶所か、道の駅ばとうにある那珂川町観光協会に寄って、ガイドブックを手に入れてくださいマップや作家紹介が書かれていますちなみにガイドマップに描かれている作家の似顔絵は、宇都宮メディアアーツ専門学校卒業の高山直也さんの作品です
DSCN6183.jpg DSCN6263_201605060045046cb.jpg
DSCN6235_20160506004502e90.jpg DSCN6241_2016050600450364d.jpg
また作品のあるところの近くには、黄色と黒でデザインされ『KEAT』と書かれた看板が立っていますので、目印にしてください
DSCN6189.jpg

小砂を含め、那珂川町は新緑の季節を迎えています現代アート作品とともに、どこか懐かしい里山の風景も楽しんでくださいね
DSCN6176.jpg DSCN6208.jpg
DSCN6201.jpg DSCN6244.jpg

ここのところ、日中は日差しも強く、アートめぐりをすると、少々疲れるかもしれませんその際は、日帰り温泉に立ち寄ったり、道の駅ばとうにあるアイス工房武茂の郷でジェラートを食べたりしてください
DSCN6258_20160506005257d3e.jpg生キャラメルとコーヒーのジェラート(^^)

Reported by じめパパ
DSCN6264.jpg
2016.05.05 / Top↑
どうもじめパパです
GW真っ只中みなさん、楽しんでますか今のところ、すごく天気もよくて、絶好の行楽日和ですね那珂川町内では、5月1日から3日まで、たけのこ祭が行われていました馬頭商店街を御神輿と当番町である新町の屋台が練り歩きましたまた、恒例の花の風まつりも絶賛開催中です約60のおもてなしを受けられますよGWはまだ中盤まだまだ楽しめますよ
IMG_6083.jpg

さて、前回のすずの回覧板では、昨年できあがった“町うた”についてでしたで、行ってきましたもうひとつの美術館での工藤慎太郎ミニライブ
もうひとつの美術館では、5月3日と4日の2日間、町うた「心のふるさと」のCDジャケットのイラストを担当したイラストレーター川口恵理さんの原画展(無料)が開催されていて、初日の3日には、町うたを作ったシンガーソングライター工藤慎太郎さんのミニライブと、工藤さん川口さん、そしてCDジャケットのデザインを担当した那珂川町小口の廣田萌さんのトークショーが行われました
13119047_972447969506151_7722316513042659282_n.jpg
もうひとつの美術館には約50名の方が集まりました気温が高かったせいもありますが、開演前から“教室”は熱気むんむんです
DSCN6111.jpg DSCN6115.jpg
まずは工藤さんのミニライブ町うた「心のふるさと」はもちろんのこと、デビュー曲で日本有線大賞新人賞を受賞した「シェフ」、黒磯にあるパンアキモトのラジオCMソング「君に幸あれ」、両親への感謝の意味を込めた「手」などを熱唱木造校舎の木の温もりと、工藤さんの透き通った歌声が実に合うステキすぎて、ちょっとウルッとしてしまいましたこれだけの感動を得られて無料とは…オフィスうめ子さん(←工藤慎太郎さんの事務所)ありがとうございました
DSCN6114.jpg DSCN6118.jpg
DSCN6123.jpg DSCN6124.jpg
次は、工藤さん川口さん廣田さんのトークショー
DSCN6138.jpg
工藤さんが進行役となって、川口さん廣田さんの紹介と町うたCDジャケットができるまでの秘話などが紹介されました
DSCN6127.jpg
川口さんは、小学校のときに理科の宿題で花の絵を描いたことがきっかけで、“絵で物事を伝えること”に興味を持ったそうです絵を描く紙にもすごくこだわっていて、こだわるあまり、絵を描くにも紙をあまり汚したくないという感情があるとのこと今回展示されている原画が描かれている紙はやや茶色みがかっているのいですが、その紙の名前を聞いてびっくり“馬糞紙”という紙なんだそうですさすがに馬糞でできた紙ではないということですが、鉛筆のノリがいいそうですよ
DSCN6128.jpg
廣田さんは、小学生のころに東京から那珂川町小口に引っ越してきましたご両親がアウトドアが好きということもあり、都会から田舎へ来た際に感じるであろう不便さではなく、自然たっぷりで常にアウトドアのような環境に“自分に合っているな”と感じたそうです静岡の美術大学在学中には、小口のおばあちゃんの“生態”をまとめた『おばあちゃん図鑑』を制作したり、小口地区で獲れたお米のパッケージをデザインしたりと、斬新で画期的なアイデアで、地域の魅力を発信しています

川口さんは、すでにプロのイラストレーターとして活躍しているわけですが、まだデザイナーの卵の廣田さんを、その仕事ぶりから、いい意味で“肝が据わっている”と、絶賛していました3人の今後の活躍に期待せずにはいられません終始笑顔が絶えない、ほのぼのとしたトークショーでした工藤さんからは、町うたの続編も作りたいとのサプライズ発言もそれが実現するかどうかはわかりませんが、まずは多くの人に町うた「心はふるさと」を聴いてもらって、歌ってもらいたいですというわけで、まだ聴いていないという方は、那珂川町の図書館で借りるか、町のホームページ(←Click)で聴くこともできるので、ぜひ町うた「心はふるさと」原画展は5月4日までです
DSCN6109.jpg DSCN6144.jpg
IMG_6104.jpg

また、今回会場となったもうひとつの美術館では、『宇宙(そら)のむこうへ』展、絶賛開催中です今回もステキな作品ばかりです特に展示室4に飾られている「飛行機との対話」と題された作品は、約200機の飛行機が整然と描かれていて、圧巻です『宇宙(そら)のむこうへ』展は、5月22日までです
DSCN6171.jpg DSCN6160.jpg
DSCN6165.jpg DSCN6155.jpg

ストロボを使用しなければ、写真撮影もOKですお気に入りの作品を見つけて、写真に収め、あとでじっくり楽しむのもオススメです

Reported by じめパパ
もうひとつの美術館
〒324-0618栃木県那須郡那珂川町小口1181-2 Tel.0287-92-8088
http://www.mobmuseum.org/

DSCN6170.jpg
2016.05.03 / Top↑