~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうも、じめパパです梅雨のない北海道以外、すべての地域で梅雨入りしました九州では大雨になっているところもあるようです被害が大きくならないことを祈りますそんな中、夕暮れのうちの裏山で、ひぐらしが鳴いていました季節は確実に進んでいるようです

馬頭商店街は、直線800mのメインストリートがシンボルです
DSCN4528.jpg DSCN4529.jpg
電線も地中化され、すごくすっきりとしています古風な街路灯は、落ち着いた雰囲気を醸し出し、街並みに合っていて、自然と受け入れられます
DSCN4527.jpg DSCN4526.jpg
その街路灯をよく見ると、懐かしい昭和の時代に撮られた写真が、拡大コピーされ貼ってあります
“馬頭OLDDAYS”
これは、馬頭商店街にある南町商店会が企画したもの南町商店会は、なんとか商店街に人を呼び込もうと、多様なイベントを仕掛けて、商店街の魅力を発信していますそよ風回覧板にも何度か登場していますね

そんな南町商店会にあるレディス&メンズファッションあらいで、なんともシャレオツなアイテムの販売が始まったと聞きつけ、さっそく行ってきましたよ
DSCN4524.jpg
シャレオツなアイテムとは、これ
DSCN4517.jpg
DSCN4518.jpg DSCN4519_201506280008261a1.jpg
どうですかかっこいいっしょこの“NAKAGAWA TOWN”Tシャツ、同じく南町にあるガソリンスタンド橋本油店の社長である久保さんのデザインなんです久保さんは、これまでも斬新なアイディアと類まれなデザイン力で、南町商店会のイベントや商工会のイベントで活躍されてきました例えば、空き店舗を街角映画館にしたり、空き地にキャンドルを並べて幻想的な雰囲気を作ったり、商店街のみなさんと、いつもおもしろいことやってます

レディス&メンズファッションあらい荒井さん南町商店会の会長
DSCN4520_201506280010008c1.jpg
ピンクのTシャツがお似合いですで、やはり荒井さんもおもしろいことをやるのが大好きいつも地域のこと考えてます先日は、栃木市の商店会の会合へ出向き、講演をしてきたそうです荒井さんのとこにお邪魔すると、いろんな話をするので、だいたい長居することになります(笑)でも、それがまた心地いいんですよねぇ

“NAKAGAWA TOWN”Tシャツは、1着1,800円ですサイズはメンズS・M・L色は白とピンクピンクは1着しかありませんでしたレディースサイズもあるといいですね
DSCN4515_20150628001051934.jpg
また、レディス&メンズファッションあらいでは、現在Tシャツフェア開催中花の風まつりTシャツなんかも売ってますから、馬頭商店街を散歩がてら、ぜひ立ち寄ってみてください
DSCN4516.jpg

みんなで“NAKAGAWA TOWN”Tシャツ着て、直線800mの馬頭商店街を闊歩する姿…見てみたいなぁ。

Reported by じめパパ
レディス&メンズファッションあらい
〒324-0613
栃木県那須郡那珂川町馬頭
Tel.0287-92-2239
南町商店会Facebookページ:https://www.facebook.com/minamimachisyoutenkai

DSCN4525.jpg
レディス&メンズファッションあらいは、なんと3階建てです(笑)
スポンサーサイト
2015.06.27 / Top↑
じめパパですここのところ、連続投稿ですみません他の書き手のファンの方もいるでしょうが、実はみんなそれぞれ少しずつ環境が変わってきていて、なかなか投稿できないんですあ、変な意味じゃなくて、みんな、すごくHAPPYなんですあ、仲が悪くなったわけではないのでご安心を

6月1日と言えば、那珂川流域の人はこう答えるでしょうそう、鮎釣りの解禁日です休日ともなると、県内外からたくさんの太公望が鮎釣りに興じています
DSCN4497.jpg DSCN4501.jpg
そして、鮎釣りをやらない人でも那珂川を十分満喫できるのが、やなですやなは、竹や石で川を堰き止めて、そこに魚を誘導して捕獲する伝統的な漁法です那珂川町には、那珂川に1つ、那珂川の支流の武茂川に1つの、合計2つのやながあります今回は那珂川にかかる高瀬観光やなで、やなを川に掛ける準備が始まったとの情報を得ましたので行ってきました
DSCN4493.jpg
国道294号線沿いに、とっても目立つ看板がありますから、国道294号線を走っていれば、絶対にたどり着くでしょう(笑)

まだ那珂川の中にはやなはありませんとっても優雅に流れています
DSCN4464.jpg
実際にやながかかるとこんな感じ迫力ありますね
DSCN8649_20150621010451fd4.jpg

川岸に目を向けると、竹と木で組まれたやなの一部がずらっと並んでいます
DSCN4479.jpg DSCN4473.jpg
高さ、直径ともに2mを優に超えるでっかい籠もありました
DSCN4461.jpg
職人さんがいなかったので詳しくは聞けませんでしたが、製作途中のかごも置いてありました
DSCN4468.jpg DSCN4469.jpg

このように竹を編んで籠を作り、川の石を籠の中に入れてやなを作る工法は、今ではだいぶ少なくなってきていると聞きますこうした工法を施工できる人も減ってきているのでしょうさらに時間もお金もかかりますでも、やっぱり残していきたいつないでいきたいと強く思いますそのためにも、まずは多くの人に見てもらいたいですね実際に川の中に設置が始まるのは7月1日からとのこと天候によって完成までの期間は前後しますが、順調に進めば7月中旬くらいまで作業風景が見られると思いますとっても貴重だと思いますから、ぜひ足を運んでみてください食事処はもう営業していますから、那珂川の優雅な流れを見ながら、伝統の技とアユ料理を楽しむのも、ありだと思います
DSCN4483.jpg DSCN4487.jpg
籠たちも、まだかまだかと、出番を待っているようです
DSCN4475.jpg DSCN4471.jpg

Reported by じめパパ
高瀬観光やな
〒324-0512栃木県那須郡那珂川町谷田210
Tel.0287-96-3521

【そよ風プチ得情報】
那珂川町初の田んぼアートまもなく見頃です

DSCN4455.jpg DSCN4457.jpg
2015.06.20 / Top↑
じめパパです6月に入って梅雨入りしましたが、晴れの日となると暑いですね毎年こんなんでしたっけ体がついていかないなんて人もいることでしょうくれぐれも体調を崩さないようにしてくださいね

みなさんもうひとつの美術館がすごいことになってますよ
DSCN4447.jpg
何度かそよ風回覧板でも取り上げているもうひとつの美術館は、2001年に廃校となった旧小口小学校の校舎を活用した美術館で、主にハンディキャップ(障がい)を持った作家さんの作品を展示していますアール・ブリュットやアウトサイダー・アートをテーマとして掲げる国内初の美術館と言われていますぼくの場合、近くにありながら、なかなか行けませんでしたが、一度行ったら、すっかりハマってしまいました築100年を超える木造校舎の雰囲気もいいですし、作家の純粋さが伝わってくるけど、それがいつもハッとさせられるのです

6月6日から新しい展示が始まっているので、さっそく行ってみました
『DISTORTION6』
DSCN4387.jpg DSCN4388.jpg
いろんなところがショッキングピンクに彩られています
DSCN4449.jpg DSCN4386.jpg
滋賀県にある「やまなみ工房」の作家たちの作品とクリエティブディレクター笠谷圭見氏のコラボレーション展示“distortion”とは、“歪み”という意味笠谷氏「知的障害者を取り巻くネガティブな問題は決して彼らの特異性に起因するものではなく、周縁がつくりだした社会の歪み[distortion]にほかならない」(チラシより)とおっしゃっています。ぼくらが普段彼らに対して、どういう感情を持っているか、どう接しているか、これからどういう行動をするのか、とても考えさせられます。同時に、このような美術館が身近にあり、常にメッセージを発信し続けていることを、もっともっとたくさんの人に知ってもらいたいと思いました

今回の展示、なんと写真撮影OK(フラッシュNG)なんです美術館では普通ありえないですよねそれも、来館者が自分の気に入った作品をいろんな媒体で発信し、少しでも多くの人に知ってもらいたいという想いが込められているとのことそんなわけで、少しだけお見せしましょうそもそも展示室内部の写真を撮れることがないので、本当に貴重です

【まず、入口からびっくりです
DSCN4391.jpg

【丸太を白くペイントしたものの上に作品が並んでます木造校舎の雰囲気がいいでしょ
DSCN4400.jpg

【ここは暗幕で囲われ光は遮られてます音楽も流れてますピンクの照明もあります
DSCN4409.jpg

【写真家ロブ・ワルバースさんがやまなみ工房の作家さんを撮った写真かっこいいです
DSCN4416.jpg
DSCN4425.jpg

【廊下にも作品が大作です
DSCN4434.jpg

【ん誰か映りこんでるぞ(笑)】
DSCN4441.jpg

【大原菜穂子さんの“菜穂子地蔵”ショップで販売されてますぼくも買っちゃいました
DSCN4445.jpg

実はこのとき、美術館にいたのはぼくだけ個人的にはゆっくりじっくり見られてありがたかったですけど、もったいないまだ行ったことがない人は、ぜひこの『DISTORTION6』をきっかけに、もうひとつの美術館に行ってみてはいかがでしょうか
初めての人も、ファンの人も、展示期間中のイベントのお知らせです6月20日(土)16時30分から『歪祭』が開催されます笠谷氏のギャラリートークのほか、ジャズパンク、舞踏、ライブペインティングと、めちゃくちゃ楽しみな内容です参加費は1,500円JR氏家駅から送迎バスも出るようです詳しくは、美術館ホームページなどを見てください

Reported by じめパパ
もうひとつの美術館
〒324-0618栃木県那須郡那珂川町小口1181-2
Tel.0287-92-8088
公式HP:http://www.mobmuseum.org/index.html
公式Facebook:https://www.facebook.com/mobmuseum2001?fref=ts
2015.06.13 / Top↑