~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

6月24日、東京都三鷹市で降った雹のニュースには驚かされました住宅街に降り積もった雹は、まるで真冬の景色のよう栃木県内でも例年になく連日のように雷雲が発生し、猛烈な雨を降らせています地球が、おかしい…そう感じずにはいられません
雨が多いので、6月29日の消防操法南那須支部大会に向けての練習も、なかなかいいコンディションでできませんでも、消防団一丸となって、大会に臨みたいと思います
DSCN7563.jpg

さて、今日紹介するのは『えほんの丘はちみつ』です
「日本で最も美しい村」連合に加盟する小砂にあるいわむらかずお絵本の丘美術館は、その名のとおり、14匹のねずみシリーズで世界的に有名な絵本作家・いわむらかずおさんの絵本の世界が広がる美術館です美術館の中のみならず、周辺の雑木林もいわむらかずおワールドそのもの静かで、虫や鳥や動物の声、そしてそよ風に揺れる木の葉の音しかしません
DSCN7551.jpg
『えほんの丘はちみつ』は、そんな自然たっぷりの美術館敷地内で採取されたはちみつです2009年から始まったというこの事業ミツバチがせっせと集めたはちみつは、今年は約400kg採取されたそうです

DSCN7517.jpg
この日はあいにくの雨でしたが、そのことが余計に濃い緑を映えさせますいつもなら憂鬱な雨の日ですが、なんだか気持ちいい
DSCN7519.jpg

美術館内には展示室のほか、絵本やオリジナルグッズなどが販売されているショップや、手作りケーキなどが食べられるティールームがあります展示室は有料ですが、ショップとティールームのみの利用の場合は、受付でその旨申告すれば、快く通してくれます

さぁ、はちみつを求めてレジの近くまで行くと…
DSCN7524.jpg
おぉショーケースの照明に照らされたゴールドのふたがまぶしいありました『えほんの丘はちみつ』なんかテンションあがります
ショーケースに入っていたのは100gのもののみ残念ながら600gと1,200gのものはすでに売り切れてしまったそうですそんなわけで、100gのものをひとつ購入
さらに、ティールームではちみつをいただけるということで、『スコーンはちみつ』を注文デッキ席からのどかな里山を眺めながら待ちます森のほうをよく見てみると、巣箱がたくさんあります運がよければムササビなんかが見られるみたいですよ
DSCN7528.jpg DSCN7530.jpg
さぁ、運ばれてきました~
DSCN7533.jpg
うまそ~スコーンからほんのり甘いにおいが漂ってきますぼくスコーン大好きなんです
はちみつはというと…
DSCN7544.jpg
透き通った琥珀色が、なんとも言えない高級感を演出しています。一口舐めてみると…
濃いっ それでも恋(濃い)は恋(濃い)~
思わず松山千春の恋を口ずさんでしまうくらい、濃厚な味おいしいです

冒頭、“自然の脅威”を記しましたが、はちみつができる過程は、まさに“自然の驚異”新聞に掲載されていた美術館学芸員の方の話によると、ミツバチが一生かけて採れるはちみつはティースプーン1杯とのことそう考えると、本当に貴重なものです
DSCN7549.jpg
ミツバチさん、ありがとうおいしくいただきます

※6月22日時点で、100gのものが約80本ありました人気商品ですので、お求めの方は早めに美術館に行ってみてください

Reported by じめパパ
いわむらかずお絵本の丘美術館
〒324-0611 栃木県那須郡那珂川町小砂3097
Tel.0287-92-5514 Fax.0287-92-1818
HP:http://ehonnooka.com/
スポンサーサイト
2014.06.26 / Top↑