~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんばんは。
身に覚えのない筋肉痛に悩まされています、すずです

寒くなって身を縮めたりしているから、知らずの間に筋肉を使うんですかね
肩こりもひどいもんです

さて、そんな中、幼馴染から届いたメール
『今度の日曜にまほろばの湯でチェンソーアートやるから取材きてよ

ってわけで、行ってきました、まほろばの湯

実際にはまほろばの湯の駐車場横の広場
詳細も聞かずにカメラだけを持って取材へ行った私

ところで、『何をするんですか?』

何をするかというと、まほろばの湯の広場切りっ放しの状態になっていた木の切り株を、チェンソーアートオブジェに変えようというものでした

そしてその切り株がこちら
チェンソーアート

地面に生えている状態なのでが出ています
チェンソーアート

こういった切り株が3本あるのですが、チェンソーアートを施すのは、
那須高原キックバッカーずっの皆さん

栃木県内でチェンソーアートをしているアーティストさん10人弱の集まりで、県内外のイベントに出向いているそうです
幼馴染の友達もその一人でした

実は、来年の春には、ここ那珂川町で、チェンソーアートの全国大会が開催されます
その会場となるのがこのまほろばの湯の広場なのですが、会場の準備とデモンストレーションのため、また切り株の始末をどうしようかと考えていたまほろばの湯さんの考えともがっちり合わさり、今回の企画がなされたそうです

ちなみに那須高原キックバッカーずっでは部員を募集中
紅一点で女子部員もいたらいいなぁということなので、興味がある方はぜひ~


では早速作業レポートしていきますよ

チェンソーのエンジンがかかり、豪快に木を切っていきます
チェンソーアート

チェンソーアート

チェンソーアート

チェンソーの音と、飛び散る木片がまさに豪快
そして下書きもなく切り進めるさまは大胆で痛快

チェンソーアート

チェンソーアート

チェンソーアート

さぁ、何を造っているかお分かりになったでしょうか
チェンソーアートに使うチェンソーは用途に合わせて3~6台を使うそうですが、ここからは少し小さめのチェンソーに持ち替えて、仕上げをしていきます
細かい作業でも、使うのはチェンソーのみ

チェンソーアート

チェンソーアート

チェンソーアート

軽々作業しているように見えたので、私もチェンソーを持たせてもらったのですが
思っていた以上、いや、それ以上に重くて驚き
それに加えて今回は生きている木を加工するということで木が堅く、いつもより作業が大変だったようです
そんな大変な作業を進めて3時間半、出来上がりました~

チェンソーアート

チェンソーアート
※こちらの作品は完成前の写真です。このあと磨きをかけて完成になりました。

チェンソーアート

いやぁ、チェンソーでこんな作品が作れるなんて感激
写真ではよく見えないけれど、羽や毛の感じも細かく表現されているんですよ

切りっぱなしの切り株可愛らしい表情が生まれました
那須高原キックバッカーずっの皆さん、お疲れ様でした

チェンソーアート

チェンソーアートのイベントは明日、23日の商工祭の中でも行われます
場所はまほろばの湯の広場
今回出来上がった3つの作品と、新しく出来上がる作品、どちらもたのしめますよ~


すず
チェンソーアート
スポンサーサイト
2013.11.22 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。