~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

暑くもなく、寒くもなく、すごく過ごしやすい時期ですね
どこ行くでもなく、ただ外で風に吹かれてぼーっとしてるのも、気持ちいいです
こうゆう天候がずっと続けばいいなー

でも、そしたら夏の入道雲も、秋の夕焼けも、冬の霜柱も見れなくなっちゃうから・・・
やっぱり四季があって最高日本


さて今回は、過去の記事の中でも何度か出てきた『温泉とらふぐ』を食べてきたので、リポートしまーす


まずは、養殖場を見て行きましょうかね
旧・武茂小学校
はい“とらふぐの学校”こと、旧・武茂(むも)小学校です
実は私の母校でもあるこの学校、今は教室や職員室に水槽が置かれ、水槽には那珂川町で湧き出た温泉水が入り、その中でとらふぐたちがすこやかに泳いでいます

海で育つ温泉とらふぐが、温泉水で、また学校の校舎の中で育てられるって、驚き
しかも、とらふぐにとっては、海水は塩分が濃すぎるぐらいだそうで、那珂川町の温泉水に含まれる塩分の濃度の方がちょうど良くて、ストレスなくすくすく成長できるっていうのも不思議

こうして、元祖『温泉とらふぐ』は、ここ那珂川町で、生まれるべくして生まれたのです


そうして、5月17日(金)には、扇の館に、
温泉とらふぐアンテナショップがプレオープンしました

温泉とらふぐアンテナショップ

プレオープンの2日目、もう早速行ってきましたよ

温泉とらふぐ5
扇の館の雰囲気好きです

お店の前の看板
温泉とらふぐ
松華堂 温泉とらふぐ御膳
これを食べに来ました

まだ11時だったのでお食事をしているお客さんはいませんでしたが、
すでにこちらのお席は全て予約が入っているとのこと(お客さんが来る前にパチリ
温泉とらふぐアンテナショップ

ショップの方もパチリ
温泉とらふぐアンテナショップ
右手前のぬいぐるみが温泉とらふぐのキャラクター『トラちゃん』『フクちゃん』
ちょこんと置かれていてかわいい
この後来店した女の子もぬいぐるみを見つけて、すかさずかわいいって言ってた

そうこうしているうちに運ばれてきました~
始まりますよ~温泉とらふぐ御膳

まずは、温泉とらふぐの皮の煮こごり
温泉とらふぐ御膳
透明な煮こごりの中に、とらふぐの皮がアートのように入っています
一口食べたら『んん』『おいしい
お上品な味で、とらふぐの食感が楽しめて、一品目でこのお味
メインへの期待感がぐんぐん膨らみます

そしてメインの御膳の登場
温泉とらふぐ御膳
一目見て、たくさんの品数があるけど、どれも丁寧に作られているのが分かります

ちなみに温泉とらふぐはこんな感じに入ってます
温泉とらふぐ御膳

とらふぐと言えばお刺身の薄造りに代表されているけど、ここでは焼きもの、揚げもの、卵焼き、梅肉合えになっていて、とらふぐのオールマイティぶりを発見

特に私は、長いもと一緒に揚げられた揚げ物が新鮮でした
とらふぐに、長いものとろっとしたのが絡んで、おいしい

温泉とらふぐ御膳
お吸い物はとらふぐで出汁がとってありました
(ピント合ってないけど、お箸で持ち上げているのがとらふぐの、骨?です)

いやぁ
とらふぐづくし温泉とらふぐ御膳様々な味わいで楽しめて、とっても美味しくて満足です


お食事のあとはショップを眺めます
温泉とらふぐアンテナショップ温泉とらふぐアンテナショップ温泉とらふぐアンテナショップ
温泉とらふぐアンテナショップ温泉とらふぐアンテナショップ温泉とらふぐアンテナショップ
地元の工芸品を展示販売しています
今後もっと出店者が増えて、品数も豊富になっていくそうですよ

温泉とらふぐグッズ(Tシャツ、ストラップ)、ヒレも購入できます
温泉とらふぐアンテナショップ 温泉とらふぐアンテナショップ

水槽では温泉とらふぐが元気に泳いでいました
ぷくぷくの顔と白いお腹が可愛くて癒される~
これは温泉とらふぐを見に、通い詰めちゃう方もいるかもしれないですね
温泉とらふぐアンテナショップ

ここでは、地元の若い人たちが頑張っていて、それでいてなんだか落ち着ける空間になっています
若い人がいきいき働いているのを見ると元気をもらえるし自由に水槽を泳ぐとらふぐには癒されます
ショップやカフェに、ふら~っと立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね


すず



温泉とらふぐアンテナショップ

  住 所   栃木県那須郡那珂川町三輪11-9 (扇の館)
  定休日   水曜日
  営業時間  9:00~17:00
  ランチ    11:00~15:00
  ※ランチ時間帯以外はカフェを営業しています
スポンサーサイト
2013.05.19 / Top↑