~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

一気にあたたかくなりましたね
ですよ、
もうですよ
全国からの開花の知らせが続々と届き、早く花見の段取りをしなければと、ひそかに焦っているじめパパです

じめパパは、17日(日)も栃木SCを応援してきました
迎えた相手はジェフユナイテッド千葉
Jリーグ発足当時からある名門です
そんな名門を相手に、栃木SCは臆することなく、むしろ千葉よりもアグレッシブなプレーをしていました
しかし、残念ながらスコアレスドロー
もったいない試合でした
次のホームゲームは、31日(日)
“草津だけには負けられない”
北関東ダービー・ザスパクサツ群馬を迎えます
もう一度言います
“草津だけには負けられない”
DSCN0768.jpg

さて、今日は小川の上河原地区で、集落の団結と発展を目的に活動する『上河原サンデー会』の取組みを紹介します
農家や電気屋さん、公務員など、いろんな業種の人で構成する上河原サンデー会は、もともと仕事の傍ら、協力して味噌作りをしていました
DSCN0662.jpg
※段取りについて打合せする船見さん(右)と田代さん。
今年度からは、そのノウハウを活かして、いっしょに大豆栽培から味噌作りを体験してくれる都市住民を募り、交流事業に取り組んでいます
昨年7月に大豆の種を撒き、秋に収穫した大豆を、いよいよ味噌に仕込む作業を見させてもらいました
当日は、体験者として、東京都豊島区から参加している4名の方やRADIOBERRY『那珂良しラジオ』レポーターShinlyなども参加して、賑やかに行われました
味噌の仕込みは1日では終わらず、この日はちょうど中間作業
体験メニューは以下のとおり
①前日から水に浸してある大豆を蒸す
②前日、蒸した米と麹を混ぜたものを発酵器から取り出し、切り返す
③蒸した大豆をミンチにする


まずは、大豆を蒸す作業です
DSCN0652.jpg
水をたっぷりと吸い込んだ大豆は、とってもきれいでした
これを蒸籠に入れ、2時間半ほど蒸します
DSCN0659.jpg

ここで、昼食タ~イム
DSCN0667.jpg
昼食はサンデー会会員の奥様方が中心になって、大豆を使った創作料理那珂川町ならではのものを使った料理が振舞われます
汁ものが二つありますね
この日は豚汁と、那珂川町特産の八溝ししまるが入ったイノシシ汁です
DSCN0670.jpg
これは大豆のフリッター
青のりがふってあって、香ばしい香りと程よい歯ごたえの大豆がいい感じ
DSCN0665.jpg
とちおとめに次ぐ新しい品種スカイベリーもありました
参加者は一様に、おいしいおいしいと言って食べていました

たくさん食べて、やや眠たくなってきたころ、大豆がちょうどいい具合に蒸しあがります
ミンチにする作業に入る前に、前日から発酵器の中で発酵が進められている麹を、さらに発酵を促すために一度発酵機から出し、切り返す作業をします
DSCN0674.jpg
参加者らは、初めての感触であろう麹やその匂いをしっかりと確認するように作業していました
「手がすべすべ
なんていう声も聞こえてきました

切り返した麹を再び発酵器に入れると、次は蒸した大豆をミンチにします
DSCN0691.jpg
大豆がミンチ機に入っていく様、ミンチになって出ていく様が、おもしろく、参加者は代わる代わるこの作業を体験しました
DSCN0694.jpg
※ミンチ作業を見守る川上会長。花粉症がひどそうです。
DSCN0695.jpg
最後にみんなで作業所の掃除をして、約5時間の体験は終了しました

次の日は、会員により、麹と塩を混ぜ、そこにミンチにした大豆を加えて、樽に仕込んだそうです
半年後には、おいしい味噌になるとのこと
自分で作った味噌を食べた瞬間の参加者の表情が、とっても楽しみです

味噌作りは、上河原サンデー会の人たちにしてみたら、もはや当たり前のことであり毎年恒例のこと
しかし、未経験あるいは味噌がどうやってできるのかわからない人にしてみれば、すべてが新鮮
参加者が、おいしい味噌にするために一生懸命作業に取り組む姿が印象的でした
それ以上に印象的だったのは、指導する上河原サンデー会のみなさんの生き生きとした表情
参加者からの質問に答える表情が、どこか誇らしげで輝いて見えました

この取組みは今年もやります
味噌作りのほか、そば打ち体験などもできますよ
定員が少ないので、興味がある人は早めの申し込みを薦めます

さて、このところのあたたかさで、町内の花も名所でも動きが慌ただしくなっています
まずは、富山のイワウチワ
DSCN0778.jpg DSCN0779.jpg
数日前に開花し、まだ2、3分とのことですが、今後の陽気によっては、一気に見頃を迎えるかもしれません

もうひとつ、鷲子山上神社の寒椿も満開です
DSCN0784.jpg DSCN0788.jpg
22日付の下野新聞にも掲載されました
新しく整備された遊歩道の周りに赤い花がたくさん咲いています
とってもきれいですよ

いずれも花はきれいですが、その花を守る人の存在を忘れるわけにはいきません
きれいに整備された遊歩道
手づくりの食材によるおもてなし
たわいもない会話

花以外のそういう魅力もあるから、また行きたいと思うんでしょうね

Reported by じめパパ
スポンサーサイト
2013.03.23 / Top↑