~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

こんばんは。
始まりましたロンドンオリンピック
柔道の銅メダル獲得「海老沼匡選手」水泳の同じく銅メダル獲得「荻野公介選手」は、
栃木県出身ということで非常に嬉しく思っています
しかもお二方とも小山市のご出身だそうです小山市民の活躍は、大変目覚しいものがありますね

那珂川町だって負けてはいませんよ
町のHERO作新学院の「石井一成選手」昨年に続き、甲子園出場を果たしました
こちらの方もぜひ頑張ってほしいです

さてさて、やっとこさ本題ですが、実は那珂川町には、映画やドラマの撮影に使われた
ロケ地が多い
って知ってますか??

夏に観たくなる映画といえば『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』ですよね
オール栃木県ロケで行われたこの映画は、ブログ小説がもとらしく、
青春真っ只中の、男子高校生7人が、ある駐在さんとのイタズラバトルを繰り広げていくという
笑いあり、涙ありの夏の日の青春ストーリーとなっています
048 (375x500)

この映画の冒頭部分で使われた撮影現場がこちら
039 (500x375)

主人公のママチャリ(演:市原隼人)が自転車で、仲間達と一気に駆け下りるというシーンです
なるほど、確かに一気に自転車で駆け下りたら気持ちよさそうな坂道だ
そして何よりも、あのイッチーがこの場所に立っていたと思うと感慨深いものがありますよね
この道は、馬頭方面からきて国道294号をファミリーマート小川店を右に曲がったところにあります
まっすぐ行くと小川のまほろばの湯につながっています

もうひとつのロケ地は、この回覧板ブログでおなじみのこちら
040 (500x375)

2009年のNHKドラマスペシャル「白洲次郎」(演:伊勢谷友介)の撮影で使われました
白洲次郎といえば、吉田茂の側近として、
占領下の日本においてGHQと真っ向から渡り合った唯一の日本人とも言われた伝説の男であり、
姿勢から「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたそうです。

ふるさとの森「匠の館」は、そんな偉大な次郎の父、白洲文平の家として、撮影に使われました
041 (250x188) 042 (250x188)

ドラマ自体はあまりよく覚えていませんが、
伊勢谷さんがこの縁側で、談笑しているシーンだけは鮮明に覚えています

ちなみにうちのオトンは、このドラマに出演したいた伊勢谷さんや、中谷美紀さんを
たまたま間近で見たそうです
ま、それにはある事情があったからなんですけど、また次の機会に

こういうちょっとしたスポットでも、「○○のドラマで使われた!」とか「○○が来た!」
というだけで注目を浴びますよね

那珂川町には、豊かな自然や、きれいな街並み、そしてどこか懐かしさを感じさせる
たくさんの魅力がたくさんあります!!
(まるで田舎のおばあちゃん家にきたみたい!)とかね

ぜひとも、もっと多くの人に町の魅力を知ってもらいたいものです。
下西のはら
スポンサーサイト
2012.08.02 / Top↑