~栃木県那珂川町の情報発信ブログです~

どうもじめパパです
今年のGWは本当にいいお天気です町内にもたくさんの車が走っているのが見られますみんな楽しめてるかないったん6日は学校や仕事の日になりますが、週末は今年のGWの締めくくりみなさん最後まで楽しみましょうね

さて、まだ週末の予定が未定な方、ぜひ日本で最も美しい村・小砂に来ませんか
現在、小砂では、3年に1度の里山芸術の祭典『KEAT2016』が開催中です2013年春、まだ「日本で最も美しい村」連合に加盟していなかった小砂で、初めてKEATが開催されました地域もアーティストも手探り状態だったと思いますが、見事成功に収め、その年の10月に栃木県内では初めて、全国でちょうど50番目に「日本で最も美しい村」連合に加盟することができましたKEATの成功は、加盟に大きな好影響を与えましたその後、2014年と2015年には、KEA小砂環境芸術展が開催され、来る今年のKEAT2016に向けて着々と機運を高めてきました
KEAT2016のテーマは『地域を耕すアート』このアートイベントによって、これまで眠っていた“土壌”に光が当てられ、それを住民と作家が耕すことで新しい芽が顔を出しましたアートは少し難しいと感じる人もいると思いますが、その感じ方は人それぞれまずは、実際に見て、感じてほしい
KEAT2016には過去に参加した作家も多く出展しています作品を紹介しましょう

安齋歩見
KEATにおいて、作家らの活動拠点にもなっている旧馬頭北保育所の一室に作品が飾られています。その作品は、2年前、KEA2014に参加していたときに小砂で制作した作品だそうです。この保育所で行われていたであろう“かけっこ”を想像して制作したとのこと。
DSCN6204.jpg
DSCN6205.jpg DSCN6207.jpg

稲垣侑子
KEAT2013から毎年参加。2014年4月からは那珂川町地域おこし協力隊第1号として活動中。「土地ドレ」をテーマに作品を制作。昨年に引き続き、畑にラディッシュなどで模様を描く。
DSCN6253.jpg DSCN6255_20160506003333ca8.jpg

隅沙織
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。キャンパスを窓に見立て、巨大なタコがその窓からのぞいている様子を描く。5月7日にクロージングが行われる小砂コミュニティセンターに飾られている。
DSCN6237.jpg

田川岳
那珂川町と学官連携している宇都宮メディアアーツ専門学校卒。中国漢王朝時代に生きた蘇武に魅せられる。蘇武の壮絶な生涯から、「耐えろ」という言葉を表現する。馬頭西小の手前に建つ納屋に飾られている。
DSCN6248_20160506003520a00.jpg DSCN6249_20160506003522952.jpg
DSCN6250.jpg DSCN6251_20160506003525e49.jpg

田原唯之
昨年に引き続き、小砂地区コミュニティセンターからさらに奥に行ったところにある納屋の中で作品を制作。納屋の中には籾殻が敷かれ、使われなくなった農具が絶妙なバランスで配置されている。
DSCN6198.jpg DSCN6200.jpg
DSCN6193.jpg

玉田多紀
昨年に引き続き、馬頭西小の子どもたちとのワークショップで制作したダンボールを使った作品を展示。よろこびの森に飾られている。よろこびの森には、ブランコや竹のすべり台などもあり、気持ちいい雑木林の中でのびのびと遊ぶこともできる。昨年制作した巨大キノコも飾られている。
DSCN6186.jpg DSCN6182.jpg
DSCN6185.jpg DSCN6184.jpg
DSCN6188.jpg

八木麻里
KEA2014から参加。使われなくなった農機具に金属を溶接するという技法を用いる。彼女の明るいキャラクターも魅力。
DSCN6227.jpg DSCN6223.jpg
DSCN6215.jpg

渡邉透真
毎年、いろんな場所に絵を展示。今年は大谷石(?)でできた旧倉庫の中に作品が飾られている。
DSCN6217.jpg DSCN6218.jpg
DSCN6221.jpg

小砂には、昨年までの作品もあちらこちらに展示されたままになっていますよ部屋いっぱいのクジラぼくは昨年見逃した作品ですが、まだ飾られていたので今回見られてラッキーでした
DSCN6229.jpg DSCN6231.jpg
DSCN6228_201605060041030ec.jpg

KEAT20165月7日(土)まで5月7日(土)午後2時から、クロージングとして小砂コミュニティセンターで作品の審査発表などを行います参加作家も来ていますし、参加は無料となっていますので、ぜひ立ち寄ってみてください
またKEAT2016を楽しむ際は、まずは小砂焼の藤田製陶所か、道の駅ばとうにある那珂川町観光協会に寄って、ガイドブックを手に入れてくださいマップや作家紹介が書かれていますちなみにガイドマップに描かれている作家の似顔絵は、宇都宮メディアアーツ専門学校卒業の高山直也さんの作品です
DSCN6183.jpg DSCN6263_201605060045046cb.jpg
DSCN6235_20160506004502e90.jpg DSCN6241_2016050600450364d.jpg
また作品のあるところの近くには、黄色と黒でデザインされ『KEAT』と書かれた看板が立っていますので、目印にしてください
DSCN6189.jpg

小砂を含め、那珂川町は新緑の季節を迎えています現代アート作品とともに、どこか懐かしい里山の風景も楽しんでくださいね
DSCN6176.jpg DSCN6208.jpg
DSCN6201.jpg DSCN6244.jpg

ここのところ、日中は日差しも強く、アートめぐりをすると、少々疲れるかもしれませんその際は、日帰り温泉に立ち寄ったり、道の駅ばとうにあるアイス工房武茂の郷でジェラートを食べたりしてください
DSCN6258_20160506005257d3e.jpg生キャラメルとコーヒーのジェラート(^^)

Reported by じめパパ
DSCN6264.jpg
スポンサーサイト
2016.05.05 / Top↑
どうもじめパパです久々の投稿です

今冬は、暖冬、暖冬と言われてましたけど、ここ1ヶ月は雪が降ったり、最低気温がマイナス5度以下になったり、ようやく“らしい”陽気になってきましたでも、来週にはまた暖かくなる予報が出ているようですから、今度はを感じられそうですねあ、といえば花粉ですねま、ぼくは花粉症じゃないんで関係ないですけど

2月3日付の下野新聞にこんな記事が載っていました
IMG_5564.jpg
那珂川町三輪に住む藤澤元子(ちかこ)さんが作った人形の着物が展示されているということで、道の駅ばとうにある観光センターに行ってきました
IMG_5537.jpg

ちか子さんは81歳下野新聞によると、75歳のころに体調を崩し介護が必要になったそうです78歳で要介護3に認定され、一時は寝たきりの状態になったそうですそんなとき、孫娘さんが子どものころ遊んでいた人形をちか子さんに渡し、リハビリを兼ねて人形の着物の制作を始めたそうですするとどうでしょう、みるみる状態がよくなり、要介護1に回復今では散歩ができるようになったそうです

ちか子さんの家は農家で、農閑期には裁縫をしていたとのことその当時に身につけた技術が、今回の作品制作につながり、新しい生きがいとなり、元気になったんですね

そんなちか子さんの作品は、孫娘さんらの協力で昨年東京でも個展を開催したそうです那珂川町でも開催したいと観光協会に相談したところ、観光センター内での開催が実現しました

それでは作品をどうぞ
IMG_5566.jpg
ちょっと見えにくいですが、ポスターは孫娘さんのデザインだそうですとてもかっこいいです
IMG_5543.jpg IMG_5546.jpg
IMG_5547.jpg IMG_5549.jpg
IMG_5551.jpg IMG_5553.jpg
IMG_5554.jpg IMG_5555.jpg

細部までよくできています1体作るのに約10日かかるとのこと本当にステキです
IMG_5548.jpg IMG_5556.jpg IMG_5557.jpg

展示スペースの一番奥の中央に飾られているのが、これ
IMG_5550.jpg
ちか子さんが制作する着物は、すべて本物の着物の生地を使っていますこの人形の着物は、なんと、ちか子さんの娘さんと孫娘さんが成人式のときに着たものだそうですそんなストーリーを聞くと、よりステキに見えてきますね会場に孫娘さんがいらっしゃいましたが、この人形にとても似ているなと、あとで思いました

IMG_5558.jpg
ちか子さんの和ドールたち展は、13日(土)まで、観光センターロビーで開催されています入場は無料ですぼくが行った日には、ちか子さんや娘さん、孫娘さんなど、ご家族が会場にいらっしゃいましたちか子さんにご挨拶はできませんでしたが、家族に囲まれて、とてもうれしそうな表情が印象的でしたぜひみなさんも見に行ってみてください

Reported by じめパパ
「ちか子さんの和ドールたち」展
日時:2月6日(土)~13日(土)9時~17時 ※13日は15時まで
場所:那珂川町観光センター(道の駅ばとう内) Tel.0287-92-5757

【観光センターに行ったら、これ
観光センター内のアイス工房武茂の郷では、生イチゴミルクのジェラートが期間限定で販売されてますその場でいちごをつぶしてくれるから、いちごの風味や食感がすごく感じられますよ

IMG_5563.jpg IMG_5562.jpg
2016.02.07 / Top↑
どうも、じめパパです
お盆が過ぎて、すっきりしない天気が続いてますねそれでも、町内では稲刈りする様子があちらこちらで見られます夏は猛暑でしたが、今年のお米の出来は果たしてどうでしょうか早く新米が食べたいですね

DSCN4610.jpg
さて、ここはどこでしょうわかりますか直線だけれども、馬頭商店街…ではないことはわかりますね
DSCN4612.jpg
この建物を見ればもうおわかりだと思いますそう、東京都中央区銀座ですそよ風回覧板史上、最も那珂川町を飛び出しています(笑)そもそも、そんなに飛び出したことないですねなぜ銀座に来たのかと言いますと、ずばり、銀座にあるギャラリーで、那珂川町が誇る陶器である「小砂焼展」が開催されているからです
小砂銀座…、実は歴史的に深い関わりがあるのです大正時代、小砂には「関東化粧煉瓦株式会社」の工場があり、レンガを作っていましたそのレンガがどこに使われていたかというと、そう、銀座の舗道に敷き詰められていたのですレンガには会社のマークである「K.K」の文字が刻印されています現在は銀座の舗道では見ることはできませんが、いまだに工場の機械を使って粘土を作っている藤田製陶所の敷地内に敷き詰められていますぜひ、藤田製陶所に行った際は、地面をよく見てみてください
IMG_0122.jpg

さて、ギャラリーを覗いてみましょうギャラリーの場所は、晴海通りの1本南のみゆき通りに近いところにあります名前は『銀座ギャラリー門』タカハシビルというビルの3階にあるのですが、1階はお箸屋さんです
DSCN4614.jpg DSCN4636.jpg
ギャラリーの中は、そんなに広くはないですが、全国各地の“器”がところ狭しと並んでいましたギャラリーの一番奥に藤田製陶所小砂焼が展示販売されています
DSCN4633.jpg
店員さんによると、もともと他の焼き物と同じように小砂焼を展示販売していたのですが、お客様の評判がいいということで、今回の特別展示になったそうです店員さんは銀座に敷き詰められたレンガのこともご存じでした
藤田製陶所では、土自体も小砂で採れたものを使っていますその土、陶土も展示されていました
DSCN4615.jpg DSCN4617.jpg
DSCN4618.jpg DSCN4620.jpg
小砂焼の代名詞とも言える金結晶も美しく輝いていました
DSCN4623_2015090623163805d.jpg

多くの人に愛される小砂焼東京銀座の地でも認められている、その価値他の焼き物と比べても、あの金結晶や色合いは群を抜いていると、改めて誇りに思いました東京近郊にお住いの方は、ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか
銀座ギャラリー門には、全国各地の焼き物が展示販売されています益子焼もありましたよ100,000円以上する京都の焼き物も店員さんも焼き物に精通していて、お話を聞いているだけで、なかなかおもしろかったです

Reported by じめパパ
銀座ギャラリー門
〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-4 銀座タカハシビル3F
Tel.03-3573-7273
営業時間 10:00~19:00(但し会期最終日は個展スペースのみ16時まで)
定休日なし
http://ginzamon.blog.fc2.com/

【じめパパ写真館】
Title:闇夜に浮かぶテッポウユリ

DSCN4577.jpg
2015.09.07 / Top↑
どうも、じめパパです暑いっすねぇマジでこんなにも猛暑日が続くこと、ありましたっけ夏だから暑いのは仕方ないけれども、それにしても暑すぎるこんな暑い日は、昔なら“おしぐれ”が来たもんだけれど、雷雲が発生しても、那珂川町まで流れてこないたまには少し雨に降ってもらって、ギラギラと熱くなった地面を冷やしてほしいものです7月には台風の影響で久しぶりにかなりの雨が降りました大きな被害はありませんでしたが、武茂川があんなに増水したのは久しぶりです災害はいつ起こるかわかりません起こってしまったときに慌てないように、常日頃から備えましょう
IMG_2313.jpg
IMG_2315.jpg

さて、5月に田植えが行われた「なかちゃん田んぼアート」7月に入り見頃を迎えています台風の風にも負けず、すくすくと育っていますそよ風回覧板Facebookページでは、そよ風プチ得情報として成長具合をアップしていましたが、今回は田植えから現在までをまとめてみたいと思いますちなみに、稲の種類と色をおさらいしておきましょう
IMG_2416.jpg

【1日目:5月23日】
田植えです町内外から約50名が集まりました初めての取組みでしたから、多くの人はこのときまだどんななかちゃんが浮かび上がるのか、想像できなかったはずです
IMG_1865.jpg

【8日目:5月30日】
うっすらあさひの夢(緑色)が見えますが、まだまだ完成には程遠いですそれにしても、水面に映る青空がきれいです
IMG_1894.jpg

【17日目:6月8日】
全体的に成長し、ゆきあそび(白色)がわかるようになってきました
IMG_1931.jpg

【22日目:6月13日】
ゆきあそび(白色)に加え、あかねあそび(オレンジ色)もわかるようになってきましたでもまだまだ水面が見えます
IMG_1971.jpg

【29日目:6月20日】
ゆきあそび(白色)がグッと成長し、むらさき稲(黒色)も成長してきたので、輪郭がはっきりとわかるようになりましたそして、このころからiphoneのパノラマを使いこなせるようになります
IMG_2032.jpg

【37日目:6月28日】
このころになると、見頃までもう一息
IMG_2183.jpg

【44日目:7月5日】
それぞれの稲が成長して、おっきな絨毯のよう寝ころびたいです(笑)7月に入り、田んぼアートを見に来るお客様も増えました
IMG_2237_2015080401442692b.jpg

【70日目:7月31日】
ほっぺたやスカーフ、靴の色に使われたべにあそび(桃色)も色づきがわかるようになりました
IMG_2433.jpg

なかちゃん田んぼアート、8月に入っても、まだまだ楽しめますよまだ見ていない方、あるいは一度見た方も、天気や時間で見え方が変わるかもしれませんぜひ見に行ってください場所は、ちょっとわかりづらいのですが、国道294号線の中の原交差点を東に曲がってくださいカンセキ小川店の400mほど北側です交差点には小さな看板がありますくれぐれも安全運転でお越しください
IMG_2044.jpg IMG_2045.jpg

ちなみに、なかちゃんは今年もゆるキャラグランプリに出場するそうですよ応援よろしくお願いします

Reported by じめパパ
【じめパパ写真館】
IMG_1866.jpg IMG_1972.jpg
2015.08.03 / Top↑
どうも、じめパパです梅雨のない北海道以外、すべての地域で梅雨入りしました九州では大雨になっているところもあるようです被害が大きくならないことを祈りますそんな中、夕暮れのうちの裏山で、ひぐらしが鳴いていました季節は確実に進んでいるようです

馬頭商店街は、直線800mのメインストリートがシンボルです
DSCN4528.jpg DSCN4529.jpg
電線も地中化され、すごくすっきりとしています古風な街路灯は、落ち着いた雰囲気を醸し出し、街並みに合っていて、自然と受け入れられます
DSCN4527.jpg DSCN4526.jpg
その街路灯をよく見ると、懐かしい昭和の時代に撮られた写真が、拡大コピーされ貼ってあります
“馬頭OLDDAYS”
これは、馬頭商店街にある南町商店会が企画したもの南町商店会は、なんとか商店街に人を呼び込もうと、多様なイベントを仕掛けて、商店街の魅力を発信していますそよ風回覧板にも何度か登場していますね

そんな南町商店会にあるレディス&メンズファッションあらいで、なんともシャレオツなアイテムの販売が始まったと聞きつけ、さっそく行ってきましたよ
DSCN4524.jpg
シャレオツなアイテムとは、これ
DSCN4517.jpg
DSCN4518.jpg DSCN4519_201506280008261a1.jpg
どうですかかっこいいっしょこの“NAKAGAWA TOWN”Tシャツ、同じく南町にあるガソリンスタンド橋本油店の社長である久保さんのデザインなんです久保さんは、これまでも斬新なアイディアと類まれなデザイン力で、南町商店会のイベントや商工会のイベントで活躍されてきました例えば、空き店舗を街角映画館にしたり、空き地にキャンドルを並べて幻想的な雰囲気を作ったり、商店街のみなさんと、いつもおもしろいことやってます

レディス&メンズファッションあらい荒井さん南町商店会の会長
DSCN4520_201506280010008c1.jpg
ピンクのTシャツがお似合いですで、やはり荒井さんもおもしろいことをやるのが大好きいつも地域のこと考えてます先日は、栃木市の商店会の会合へ出向き、講演をしてきたそうです荒井さんのとこにお邪魔すると、いろんな話をするので、だいたい長居することになります(笑)でも、それがまた心地いいんですよねぇ

“NAKAGAWA TOWN”Tシャツは、1着1,800円ですサイズはメンズS・M・L色は白とピンクピンクは1着しかありませんでしたレディースサイズもあるといいですね
DSCN4515_20150628001051934.jpg
また、レディス&メンズファッションあらいでは、現在Tシャツフェア開催中花の風まつりTシャツなんかも売ってますから、馬頭商店街を散歩がてら、ぜひ立ち寄ってみてください
DSCN4516.jpg

みんなで“NAKAGAWA TOWN”Tシャツ着て、直線800mの馬頭商店街を闊歩する姿…見てみたいなぁ。

Reported by じめパパ
レディス&メンズファッションあらい
〒324-0613
栃木県那須郡那珂川町馬頭
Tel.0287-92-2239
南町商店会Facebookページ:https://www.facebook.com/minamimachisyoutenkai

DSCN4525.jpg
レディス&メンズファッションあらいは、なんと3階建てです(笑)
2015.06.27 / Top↑